TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

Tさんから106点のご報告をいただきました。

Tさんから106点のご報告をいただきました。


Andyさん、

ご無沙汰しております。夏の勉強会に参加して以来、2週間前に初めてTOEFLを受けて結果が来ました。
R30, L26, S23, W27の計106でした。

リーディング: TPOを20セット(60パッセージ)+勉強会で頂いた過去問を30パッセージやりました。これだけやると背景知識も付いてくるもので、テスト当日はいくつかのパッセージに既視感がありました。

リスニング: TPOを1週しました。David Choもほぼ一周しました。これだけ良質な教材の量をこなすと既視感ならず、さすがに既聞感がでてきました。ただ、テスト当日はある一問に悩時間を使いすぎてしまい、まさかのリスニングで時間切れを経験しました。(最後の2問解答できず)

スピーキング: E4TGに行きました。ここはE4TGにいけば23は固いかと思います。

ライティング: インデペンデントはWebToeflで基礎固めをしてストラクチャー等を学んでから、Michael先生に添削をお願いし、計12個ほど書きました。Michael先生はレスポンスが非常に早く、またフィードバックは適切かつ厳しめですが、素晴らしい先生です。インテグレイトに関してはテスト当日にAndy先生に頂いたテンプレを電車内で暗記し、Goodが貰えました。

年内にあと2回受ける予定ですので、110点目差します。

Andy先生の勉強会に参加し、勉強方針・教材をがっちり固めて迷わず準備が出来たお陰でいきなりハイスコアが出ました。有難う御座いました。
―――――――――――――
勉強会時の93点から一挙に106点を達成されました。十分な量の勉強量を確保されました。R:90パッセージ、L:TPO+DC一周は立派です。既視感、既聞感を感じられたとのこと、理想的な状態で試験に臨まれたと思います。激務の中、本当にご苦労様でした。さらなる高得点を目指して頑張ってください。

[タグ未指定]
[ 2016/11/30 23:26 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Kさんから100点のご報告をいただきました。

Andy 先生

ご無沙汰しています。
2月にクラスに参加させていただいたKです。
多少時間はかかりましたが、11月の試験で100点 (R28, L29, S20, W23)を取ることができたので御礼のご報告させていただきます。

(勉強方法)…一番勉強時間が取れていた頃です。
R
-TPOをひたすら解きました。
-1日1セクションと決めて20分以内で解くようにしていましたが、本番での集中力を考えると、時々は3セクションを通しで解く練習もした方が良かったかもしれません。
-単語は3800も使いましたが、合わなくて苦労しました。自分でアプリを使って単語帳を作ったりもしましたが、未だに苦労しています。

L
-家ではTPO→David Cho、行きの通勤時間を使って教えていただいたアプリでTPOの復習をしました。
-Conversationのパートが苦手だったので、TPOを一通り終えてDavid Choに移行した後はConversationを中心に取り組みました。

S
(あまり自慢できる点数ではありませんが)
-コストパフォーマンスが悪いとのことで最初は力を入れてませんでしたが、RとLの点数が安定してきた頃から本格的に取り組み始めました。
-TPOを使い、自己流でやっていましたが、途中で限界を感じ、京橋の塾に1ヶ月だけ通いました。できることならもう数ヶ月通いたかったところですが、基本的なメソッドを身につける(後は演習のみ)ことはできたかと思います。


W
(こちらもあまり自慢できませんが)
-Integratedは教えていただいたTemplateをそのときのTopicに応じてアレンジできるようになったくらいから、4以上をコンスタントに取れるようになりました。
-Independentは苦労しました。Michael先生の添削を活用してから少し点数が伸びてきたように思います。Michael先生は英文添削だけではなく、タイムマネジメントやこちらの能力に合わせたエッセーの構成の仕方、など気軽に質問に答えてくれるので大変参考になりました。
-Wの勉強は時間がかかるのでついつい後回しになりがちでしたが、もう少し早くからきちんと取り組んでおけば良かったと思います。

(全体)
職場の選考を通過してから、TOEFLの勉強を本格的に始めたものの、出願までの時間と業務の関係からどうしたら効率的に進められるのか分からず困っていた時に勉強会に参加しました。
TPOを教えていただいていなかったら、どうなっていたか分かりません。
R,Lがコンスタントに25点以上を取れるようになったあたりから点数が90点代前半で安定し、ここ数ヶ月でWが伸びてきていたので、そろそろ。。。と思っていたタイミングでした。
また、9月に入ってから仕事が忙しくてほとんど勉強時間を取れず、applicationのdead lineも近づいていたので、100点は半分諦めかけていましたが、諦めずよかったです。
12月も1回受験(最後)予定です。
今回はWがベストスコア(26)に届かなかったので、もう少し点数が伸ばせればと思います。

本当にありがとうございました!
12月の試験でまた良い結果が出ましたらご報告させていただきます。
――――――――――――――――――――――
勉強会時の88点から見事に100点を獲得されました。R28 L29が素晴らしいです。特にLの29点はほとんどでない点数ですので素晴らしいです。TPOで練習された成果が出ました。Wがまだまだ伸びますので、より高得点を狙っていただきたいです。激務の中、本当にご苦労様でした。

[タグ未指定]
[ 2016/11/25 21:15 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Tさんから107点のご報告をいただきました。

Andy先生、

ご無沙汰しております。
6/12(日)の勉強会に参加させて頂いたTと申します。
時間がかかりましたが、11/11(金)に受験したTOEFLで107点を取ることができました。目標達成できたこと、本当に先生のお陰です。勉強会でご指導を頂き、本当にありがとうございました。

ご参考:
2016/2/28 Total73 R19 L15 S18 FFL W21 FF
(発熱をおして受験し、散々な結果に終わった上、インフルエンザでその後1週間寝込んでしまいました。お気を付け下さい。)
2016/5/7 Total93 R25 L24 S20 FFF W24 GF
ーーーー勉強会参加
2016/6/25 Total85 R22 L22 S20 LFF W21 FF
ーーーー渡米
2016/8/6 Total90 R23 L22 S22 FFF W23 GF
2016/10/14 Total91 R20 L27 S23 FFF W21 FF
2016/11/12 Total107 R29 L29 S24 GFF W25 GG

何とかこの点数を出せたのですが、振り返ると、なかなかWが伸び切りませんでした。Micheal先生にご指導をお願いすべきだったかな、、とも思います。
渡米後の勉強が本当に不安でしたが、先生のご指導と教材のお陰で107点を取得することができました。先生のご指導には心から感謝申し上げます。どうもありがとうございました。
―――――――――――――――――――
勉強会時の93点から一挙に107点を獲得されました。RLの29点がすごいです。S24点も立派な点数です。TPOでRLをやられた成果が出たのではないかと推察します。今後のご活躍をお祈りします。

[タグ未指定]
[ 2016/11/23 08:01 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Kさんより102点のご報告をいただきました。

Kさんより102点のご報告をいただきました。

Andy先生


お世話になっております。
1月の勉強会、9月のReading勉強会に参加させて頂きましたKです。
時間がかかりましたが、10月に受験したTOEFLにてようやく102点(R:27 L:25 S:22 W:28)をとることができましたので、御礼のご報告をさせて頂きます。

【Reading】
3800単語集をランク3まで押さえた後は、TPOで演習を繰り返しました。トピック慣れと時間配分の感覚をつかめるようになると、比較的早い時期に安定して28点が出るようになりました。
なお、その後、他のsectionに注力するようになると、安定していたはずのReadingの点数が下がり出すという苦しい時期もありましたが、9月に参加させて頂いたReading勉強会での大量演習・解答のコツの教えのおかげで、再浮上のきっかけをつかむことができました。

【Listening】
点数を上げるのに苦労したsectionの一つでした。Listeningは毎日必ず時間をとってTPOに取り組むようにしていました。問題を解いた後にスクリプトを活用しながら、聞けなかった文章の音・意味を聴き取れるようになるまで丁寧に取り組むのが重要なように感じました(聞き流して分かったつもりで終わらせている時期はあまり結果が伴いませんでした。)。最終的には点数が25~28点のレンジで概ね安定するとともに、SとWの点数の底上げにもつながりました。

【Speaking】
独学でしたが、コストパフォーマンスは悪いと認識していたため、22~23点がとれれば十分と割り切り、基本的に他のsectionに労力を割きました。WritingのIndependent用の自作のテンプレを、毎日、声に出してぶつぶつ言うようにしていたのは相乗効果があったように思います。

【Writing】
私は、特にIndependentに苦労しました。最初の頃は、テーマに対する自分の引き出しがないために、書く内容を考えること及びタイピングに時間がかかり、word数も少なく、内容も薄く、点数が低いということが続きました。そこで、極力、その場で考える時間を節約できるようにするため、典型的なテーマについては、エピソードのストックをテンプレとして準備するようにしました。さらには、Andy先生にご紹介頂いたMichael先生の添削指導を繰り返し受けることで、自分の間違いやすいポイントを押さえること、nativeの洗練された表現を吸収することができました。結果として、最後に点数が大きく伸びました。

【おわりに】
私は、勉強時間が確保できずに焦っていた時期や、90点代半ばで点数が伸び悩んだ時期があり、悩ましい思いもしましたが、最後まであきらめずに続けてようやく結果がついてきたので、ほっとしています。
ここまで取り組みの方向性を間違わずにこれたのもAndy先生の教えのおかげです。大変お世話になりました。ありがとうございました。
――――――――――――――――――
9月の勉強会時の92点から102点を獲得されました。Reading勉強会をうまく使って現状を打破されました。点数が停滞している生徒さんは、再浮上のきっかけにもなりますので、Rの勉強会または通常の勉強会のご参加をご検討ください。Lを継続的に続けられたことが全体の底上げに寄与しました。Wの典型的テーマのエピソードの蓄積、添削により大幅な得点アップを獲得されました。激務の中、勉強時間の捻出に苦労されたとのこと、本当にお疲れ様でした。今後のご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2016/10/29 00:24 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Mさんから100点のご報告をいただきました。

Mさんから100点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
10月に受けたTOEFLで100点を達成しましたので、ご報告させて頂きます。
今回のスコアはR29、L27、S18、W26の合計100でした。

初期に90くらいを取った時は半年くらいで何とかなると考えたのですが、日常業務が大変忙しく、まとまった時間を取るのが困難な状況でしたので、約10点の差を埋めるのに2年くらい掛かってしまいました。反省点として、無理にでも、半年くらいまとまった時間が取れるタイミングを作り、そこで全力で打ち込んだ方が良かったと思いました。

R
「TOEFLテスト英単語3800」とTPOに打ち込んだら30が取れたのですが、半年くらいで単語を忘れるので、点数を維持するのが大変でした。
Andy先生のブログに刺激を受けて、英検1級も受けていたのですが、途中からは例文音声のある「英検1級でる順パス単」を愛用しました。
単語がかぶっているのと、コンパクトに運べるのでTOEFL受験にもお勧めです。

L
こちらはDavid Choを1周半くらい回したのですが、殆ど点数が伸びずかなり苦戦しました。
その後、TPOとTPOのスマホアプリを1年くらいかけて2周したところ、最終的には26~28が取れるようになりました。
時間が中々取れなかったのですが、通勤途中にTPOのスマホアプリをやるようにしてから改善が見られました。

S
こちらは最初から最後まで、失敗した時も成功した時も18~19で殆ど優位な違いはありませんでした。
途中で終わった回答もあった前回が20、上手くいったと思った今回が18なので、今でも良く分かりません。
定評のあるE4TGにも一時期通っていたのですが、まとまった時間が取れる方には理想的なクラスだと思いました。

W
こちらはAndy先生にもらったテンプレと添削サービスが素晴らしかったです。
テンプレと添削サービスの使用前が20~23、使用後が24~27くらいで、目に見えて一気に上がりました。
あとは、韓国本、中国本で使えそうな表現を研究したり、よく使うオリジナルストーリーを仕込んだりしました。

秋頃にキャンパスビジットをした際、Admission Officeの方からトータルスコアも重要だけど、Speakingは特に重視していると何度か言われました。
周りでも、Speakingが良い方は100以下でも良い大学に合格し、そうでない方は100を超えても苦戦している印象でした。
あと何回か、Speakingのスコアを良くすることに専念して頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。
―――――――――――――――――
最後まであきらめずにLを続けられました。TPOを2周されているのが素晴らしいです。Admission Officeの方がSを重要視しているとの情報、有難うございました。勉強会でもSの重要性を強調していきたいと思います。激務の中、TOEFLの勉強本当ご苦労様でした。今後のご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2016/10/25 14:51 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Hさんから101点のご報告をいただきました。

Hさんから101点のご報告をいただきました。

大変ご無沙汰しております。4月に受講させていただきましたHです。

9月にTOEFLで100点をクリア(101点)いたしましたので、ご報告申し上げます。

4月の受講後、6月に98点まで上がった後しばらく停滞して悩ましかったですが、
無事に最低目標の100点は超えることができました。
引き続き時間の許す限りは点数をあげられるよう粘ってみようとは存じますが、
まずは一区切りでご連絡させていただきました。

なお、より高いスコアを取られている方がたくさんいる中で恐縮ですが、
私自身はTPOを続けること、CNN Student NewsやScientific Americanのような音源を聞いたことでスコアが改善いたしましたので、
本当に先生のメソッドにスコア改善のポイントが詰まっていたのだと思っております。

よりよい報告ができるよう、引き続き精進して参ろうと存じます。
――――――――――――――――――――
4月の勉強会の74点から今回の101点を達成されました。Lを継続されたことが勝因と思われます。激務の中、本当にご苦労様でした。


[タグ未指定]
[ 2016/10/19 23:31 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Oさんから105点のご報告をいただきました。

Oさんから105点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。8/11の勉強会に出席しましたOです。
この度、TOEFL iBTで100点を突破できましたので、お礼と報告を致します。

【過去の点数の推移】 合計点 (R/L/S/W)
4/23 71 (15/15/20/21)
5/28 87 (24/23/20/20)
6/18 94 (24/20/23/27)
7/10 89 (22/24/23/20)
7/30 90 (24/23/19/24)
(8/11勉強会参加)
8/21 91 (26/21/22/22)
9/3  97 (25/26/22/24)
9/25 105(29/28/20/28)

3月末に社費候補生に選抜されてから勉強を開始し、6月までは順調に点数が上昇していたですが、それ以降足踏み状態となっていました。8/11に先生の勉強会に出席したことで再浮上できました。この勉強会なくして、この短期間で目標達成はできなかったと思います。

【勉強法】
ご参考までお知らせします。

R
勉強会出席までは25点を突破できませんでしたが、出席後3回の受験は25点を越え、特に最後は29点まで伸ばせました。この時は前日に解いたTPOで30点を獲得しており、急激にRが伸びた実感がありました。理由としては勉強会参加前は、Passageは全部読まず、問いに該当する部分のみ読んでいましたが問われていないところも全て目を通すようにした結果、最後の要約問題で大幅に時間削減ができました。一方、9月はGMAT対策と併走を余儀なくされましたが、これがRにいい効果を与えてくれました。
GMATはRCではなく、CRの対策が、Rへの波及効果を与えてくれたと思います。特に言い換え問題や、読解問題で2つに絞り込んだ後の最終選択の時に、CRの考え方で選び切れました。TPOは新しい方から遡って解いていき、10~34まで終えました。勉強会前には” Mastering Skills for TOEFL iBT”という問題集でTOEFL向けのトピックを読んでいましたがTPOとあわせて、トピック慣れしたこともよかったです。

L
元々4月以降は毎朝始業前に、PodcastのMoment of Scienceや60 second Scienceを使って、リスニング、ディクテーション、シャドーイングをこなしていました。ただ、それでも勉強会以前は24点が最高で、対策をどうしたものか悩んでいました。結果としてですが、ポイントはメモの取り方にあったと思います。自分の場合、メモを最小化でリスニングに集中すると、どうしても余計なことを考えてしまう(聞き逃したことを悔やんだり、逆に順調だと高得点取れるのではと先走って期待してしまう間に聞き逃す)ので逆に、とにかくひたすらメモをするという戦略で挑んでいました。ただ、これではどうしても耳の集中力が欠けてしまい、そのバランスをどうしようかというのが課題でした。TPOを使って色々なパターンを試しましたが、最終的にたどり着いたのは、「リスニングの問題」ではなく、自分が「講義」に参加している生徒であるというスタンスでのノートテイキングでした。これによって、効率よくノート(メモではなく)を取れるようになり、また次に教授が話す内容は何かという予測ができるようになりました。

S
最終的には唯一点数が上がらないパートでした。TPOを先生から頂いたテンプレートを使いながら練習はしましたが、元々20点を取っていたこともあり、それ以上の大幅なアップはできませんでした。個人的には、あまり原稿を用意しすぎない方が、点数が高かったように感じています。

W
特にIntegratedは先生のテンプレートが大変参考になりました。Integratedの長さのリスニングであれば元々集中力は切れずに聴けていたので、あとはそのテンプレートに、リスニングの内容を厚めに記載することで充分でした。Independentは、これも頂いた参考文案を読んで対策しました。具体的には、目新しいこなれたイディオムを覚え、あとはお題に対する回答のアイディアとして参考にさせてもらい文章をそのまま覚えるということは一切しませんでした。Hackersは購入しましたが、結局一度も使いませんでした。

尚、9/3の試験では、S/Wでリスコアを申請しました。ちょうどその時に先生もリスコア申請されたという記述があったのも背中を押してくれました。結果的にWは変わらず、Sは2点あがりました。そういえばこの回では、先生の隣の席で受験していました。

先生の勉強会では、何より先生ご自身がTOEFL120点を目指しておられることでその勉強方法は大変参考になりました。確実な実績に基づいているので、安心して自習に取り組めました。大変お世話になりました。引き続き受験勉強頑張ります。
―――――――――――――――
勉強会時の90点から1か月程度で105点を達成されました。RLはTPOを使って大量に練習することでご自分に一番合った解き方を習得されたのが大きいと思います。具体的には、Rは全文読みに移行されたこと、Lはメモの取り方を工夫されました。Wはネタの暗記に頼らず、イディオムなどを駆使して正攻法で攻められました。勉強会を上手に利用され、足踏み状態を打破されました。激務の中、ご苦労様でした。今後のご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2016/10/11 22:41 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Kさんから105点のご報告をいただきました。


Kさんから105点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
3月27日の勉強会にてお世話になりましたKと申します。

9月に受験したTOEFLにて105点(R28/L25/S23/W29)を達成し、一旦GMATに専念することにしましたのでお礼の報告をさせていただきます。

【過去の得点の推移】
2015/12/13 Total 94 (R28/L26/S18/W22)
2016/1/24 Total 95 (R28/L26/S17/W24)
--3月に勉強会参加--
2016/5/7 Total 103 (R29/L28/S20/W26)
--対策一時ストップ。8月中旬に勉強再開--
2016/8/20 Total 97 (R28/L25/S20/W24)
2016/9/24 Total 105 (R28/L25/S23/W29)

12月に社費留学候補に決定し、1月から本格的な対策を開始しました。
5月に103を獲得して以降、業務の繁忙や歓送迎会シーズンで思うように勉強時間が取れず、8月には一度点数が落ちてしまったのですが、
その後集中してSとWに取り組み、9月の成果となりました。

8月・9月の試験ではLに失敗してしまったのですが、本当はLが一番対策開始後伸びた実感があり、
W・Sの得点上昇にはリスニング力upが大きく貢献していると思っています。(言い訳ですが)Lについて、9月は会場選びで失敗しました。


【勉強法】
簡単ですが、自身の対策について記載します。


R:
最初から28で最後まであまり伸びてもいないので何とも言えません。。(学生時代に受けたIELTSでも初受験で8.5/9だったので、Rは得意なほうだと思います。)
単語は3800のRank3は9割以上、Rank4も6割くらいは覚えました。後は速読と大意把握ができれば28以上では安定すると思います。
これ以上目指すならもっとTPOをやりこんで問題形式のパターン対応が必要な気がしています。

直近の試験前にはTPOを10問ほど解き、慣れてはきました。
個人的には、該当箇所だけを拾い読みするよりも、設問を見た後パラグラフ全体をざっと読むほうがミスが減るように感じています。
私の場合は単語問題のひっかけ気味な問題(文脈を踏まえないと引っかかるもの)と、最後の要約問題でミスが多かったです。

L:
こちらは自分では伸びた実感があるのですが、点数は下がってしまいました。。ただ、WのintegratedとSのtask3-6でほぼ100%聞き取れると自信が全然違ってくるので、やはり非常に重要だと思います。

Plan TOEFLを2倍速にして、問題演習・解答確認→scriptを見ながら再度聞く×2 という練習を毎日繰り返しました。
ほぼTPO1~30までは解き切ったと思います。あとは本番での集中力向上と、日々のシャドーイング練習が必要かと思っています。

S:
一番苦労しました。
Task1、2については、汎用性の高い回答をそれぞれ10個くらい暗記して寝る前などに暗唱していました。
練習はTPOと韓国本を繰り返しました。また、フィリピン英会話のMy Tutorで先生にチェックしてもらっていました。

韓国本の模範回答は結構難しく、読み上げても時間内に終わらなかったりしたので、私はandroidのSpeaking Master for TOEFLというアプリの模範解答を主に参考にしていました。こちらは簡単なので、多少忘れても焦らず対応できてよかったと感じています。

Task 3~6はひたすら演習しました。

Speakingは最初とにかく手を付けるのも嫌だったのですが、フィリピン人の先生のオンライン授業を休日に30分×6コマずつ入れたりして最初問題形式になれたところ、その後は自分でも勉強できるようになれました。

なお、My tutorはモチベーション維持にはよく、教材もSはそんなに変な問題はないのですが、先生が教えようとしてくるテンプレートが複雑すぎてイマイチだったり、しっかりTOEFLを指導できる人気講師がすぐ埋まってしまったりしているので、あまり効率は良くないかもしれません。また、おそらく平均的な生徒のレベルがそんなに高くないのか、fairギリギリと思われるような回答の時にも結構褒めてくれてしまうので、厳しくしてくださいとお願いしないと非効率でした。あくまでテンプレ等は自分のものを使うことを先生に事前に説明し、発音やよりよい表現について厳しめに指摘してもらうようにするのが良いと思いました。


W:
対策に力を入れるのが遅れましたが、一番対策効率がいいのは間違いないと思います。

Integratedは、Andy先生のテンプレを暗記し、後はとにかく文法ミスがないように、また、パラフレーズを意識して書きました。
Lの力がついてくると、あまり難しく感じなくなってきました。個人的には一番の得点源だと思います。

Independentは、Andy先生にいただいたbody paragraph案集を何度も読んで、「下世話なストーリー」のイメージを掴んだのち、よく使えるネタを6~7通り大まかに覚えました。その後、TPOで演習してMicheal先生の添削に出す、というのを2週間くらい続けたところ、劇的に点数が伸びました。Micheal先生の添削は本当に丁寧で質問対応も迅速ですし、TOEFLに合った書き方にしていただけるので非常に良かったです。試験前には指摘された赤字のエッセイを何度も見直して復習しました。
下世話なストーリーを正確な文法でたくさん書く、というプロセスにはやはり一定量の演習とプロの添削が一番早いと感じました。もともと300words強くらいしか書けなかったのですが、9月には480words書いても3分余って見直しできました。

なお、body パラグラフを数十個厳密に暗記されている方は本当に尊敬するのですが、時間がなく暗記が苦手な場合には、添削を通じて自分の文法ミスの傾向や、よく使える文構造(しめくくりの仮定法など)を学べば、ざっくりとした暗記でもある程度本番で柔軟に対応できるように思います。

また、GMATのSC(文法セクション)の対策を始めてから力が伸びたと思います。おそらくGMATを通じて、それまで見慣れていなかったものの英文としては自然であるような文構造を学ぶことができたのがよかったのだと思います。たとえば、高校英語では関係代名詞の読解が多かったので、つい関係代名詞でだらだら修飾する文章を書きがちだったのですが、GMATでは同格表現が用いられていることが多く、これは便利で、かつわかりやすい英文になるような気がしました。


Andy先生の勉強会は、TOEFLの全体像と必要十分な教材を提供していただくことができるので、素晴らしい勉強の指針となりました。
また、自分でも高得点ができるかもしれない、という自信を与えていただけるのが素晴らしいと思います。本当にありがとうございました。
―――――――――――――――――
苦手なSを大量の練習で克服されました。Wにおいても添削を有効活用され短時間で高得点されました。作文の持ちネタについては完璧に暗記する必要はなく、ざっくり覚えて、自分の英語で書いても高得点可能とのお言葉、大変参考になります。激務の中本当にご苦労様でした。

[タグ未指定]
[ 2016/10/07 22:51 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Fさんから105点のご報告をいただきました。

Fさんから105点のご報告をいただきました。

Andy先生

1月の勉強会に参加させていただきました、Fでございます。
大変時間がかかりましたが、TOEFLで目標スコアの105点(R28,L27,S22,W28)を獲得することができましたので、ご報告申し上げます。

3月段階で102点を獲得し、その後半年間受け続ける過程で、セクション別最高点はR30,L30,S22,W28を記録したものの、各スコアが高水準で揃うまで大変苦労いたしました。以下、勉強法を記載します。

Reading
人生初のTOEFL受験で30を獲得したため慢心し、特段の対策をせず、点数が安定しませんでした。『TOEFL TEST対策iBT英単語』、TPO・David Choの分からなかった単語をフラッシュカードを作りボキャブラリーを高めることで次第に安定していきました。並行してGMATの対策を始めると、読解スピードも向上して、毎回の受験での焦燥感が軽減されました。

Listening
TPOとDavid Choを何度も復習しました。面白いことに、メモとり戦略で低スコア⇒メモなし戦略で向上⇒スランプ⇒メモとり戦略で高水準安定、という変遷をたどりました。おそらく、リスニング力に応じて最適な戦略が決まるのだと思います。私に関していえば、リスニング力が低い段階では音に集中することが大事でしたが、ある程度力がついた後は、5~6分集中力を切らさないことにすることが重要になったのだと理解しています。乗り換えもある通勤電車の中で教材を聴くことは確実にリスニング力の向上に資しましたが、一方で「漫然聞き」に陥るリスクもあるように感じました。「漫然聞き」に陥っていそうな自覚が出てきたら、メモとり戦略にシフトするのが良いように思えます。

Speaking
当初は10点台を行き来しており、E4TGに通い初めても、なかなか伸びませんでした。E4TGの復習をしっかりするようになって、E4TGの毎回のクラスで何個か3.0ポイントを獲得できるようになると、TOEFL本試験でも20点で安定するようになりました。2回の受験で22が出ましたが、うちひとつはリスコアの結果20点に落ちましたので、まぐれだったと思います。105点獲得時には運良く22点が揃いました。

Writing
IntegratedはAndy先生の強力なテンプレートを手に入れた後は、単なるリスニング問題と化し、Goodで安定するようになりました。IndependentはMichaelのライティングで、TPO過去問の30回添削を行いました。よく「簡単な文でミスなく」が良い戦略だと言われますが、私に関していえばMichaelの指導で",which"や「結果の分詞構文」を多用した複雑な文を随所に盛り込む練習したことが効果的でした。(AGOSの、一文でtopicを述べたあと人名・固有名詞を多用した内容のない具体例を書くスタイルは、私にとっては非常に気持ちの悪いものだったので、自分の嗜好に合った添削者を得られたことは幸いでした。)前半約15回の添削後に28が出るようになり、方向性が間違っていないことを確認した後、Michaelに提出したessayをテンプレート化(Bodyパラグラフまるまる)することで適用可能性を高め、後半15回ではテンプレート化したessayの適用とブラッシュアップを図り、頻繁に28が出るようになりました。

末筆ではございますが、Andy先生には本当に感謝しております。先生なくして目標スコアを達成することはできませんでした。今後ともご指導を賜われますと幸いでございます。本当にありがとうございました。
――――――――――――――――――――
TPOで最後までLを聞き続けられたこと、WでIndependentを30回添削に出されたことが高得点につながりました。たくさん添削に出す中で、ご自分の持ちネタが自然とできてきて、安定して28点を出されています。Michael先生の添削を有効に使われました。激務の中、本当にご苦労様でした。今後のご活躍を祈念します。


[タグ未指定]
[ 2016/10/07 22:38 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Sさんから100点のご報告をいただきました。

Sさんから100点のご報告をいただきました。

Andy先生

お世話になります。昨年10月に勉強会に参加しましたSです。8月6日の試験(10回目)にて100点(R27 L25 S23 W25)を獲得しましたので、報告致します。これもAndy先生のご指導のおかげと考えておりますので、まことにありがとうございました。
ただ反省点は多々あり、想定以上に期間をとってしまいましたので、勉強会でのメソッドをもっと効率的にこなしていけばよかったと考えます。。
アプライ時期は諸事情で先となりましたので、腰を据えて取り組んで105点以上を目指していきたいと思います。

以下、勉強法などです。基本的には勉強会に沿ったやり方ですが、徹し切れていない点が見受けられます。

■全般
昨年9月に初受験で80点を取得しました(事前対策はL、WのWeb TOEFLの基礎を一通り)。その後、勉強会に参加し12月に90点(3回目)を取得し、3月から月1回程度受験しております。90点前後で伸び悩む時期が続き、また総合的に取組時間も減っていきました。ただ、毎日L、Sには取り組んだ事が全体の底上げにつながり、100点取得の要因になったと考えます。

■R
3800、洋書を読むといったことを行っていますが、TOEFL対策という観点では甘いと考えています。特に本番での時間管理が全く出来ておらず(直近回では苦手な自然科学に25分かかっていました)、満点取得のためTPOを用いて時間管理を身に染み込ませる必要があると考えています。

■L
最も伸び悩みが続いたパートです。用いた教材は、Delta(Web TOEFL) ⇨Hackers ⇨TPO(7回目)といったように、いたってオーソドックスかと思います。この過程で、ある程度は聞けるようになっていったつもりではあったものの、得点には結びついていませんでした(18〜23点)。要因としては、TOEFLの問いはHackersなどよりひねった言い回しが多いと見受けられ、解答力の習熟が追い付いていなかったのだと思います。引き続き、TPOの残りに取り組みたいと考えます。

■S
先ず、Hackersにて基本テンプレートを頭に叩き込みました。 シンプルで応用が効くので、本当に有用だと考えています。一通り定着した後は、勉強会でいただいた紅宝などを用いて毎日Q1、2に取り組んでおります。

■W
Independentについては、Web TOEFLの添削に14回程度取り組みました。1回あたりの作文を推敲を重ねて提出するなど時間をかけて取り組みましたが、Gを割ることは無く、テンプレに頼らないクセが身について良かったかなと考えます。
Integratedについては、勉強会の指定教材、Web TOEFL、韓国教材と色々取り組みましたが、Fが続いて伸び悩んだパートです。最も取り組みやすいパート、などと言う方も多いですが、自分には全く当てはまりませんでした… Andy先生の添削後にはやり方を見直し、叙述に工夫(単にRLの内容を載せるだけでなく、対比をより意識するなど)を凝らし、何とか25点をとれるようになりました。

[タグ未指定]
[ 2016/08/18 11:25 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Andy

Author:Andy
プロフィール:

TOEIC 990点
英検1級合格二次試験100点(優秀賞)
TOEFL iBT 119点(2015年7月11日、2年間有効)

名前:Andy
年齢:59歳
学歴:University of Missouri at Rolla 工学部原子力工学科卒業
職業:技術系の通訳を30年以上やっています。

仕事柄、欧米人と仕事をすることが多く、Andyというニックネームを使っています。
北陸の田舎に住んでいます。毎週、北陸新幹線にお世話になっています。
コシヒカリを食べて育った純粋な日本人です。
韓国語、中国語は全くできません。

毎月TOEFLを受験しています。
ソラシティ、武蔵小杉、テンプル大学麻布校3階が好きな会場です。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧