TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

990点を狙うためのリスニング(最後まで聞くか、途中で丸をつけるか?)

TOEICのリスニングでナレーションを最後まで聞いてからマークシートに解答するか、ナレーションの途中でも答えが分かったらマークシートに記入するか、人によってやり方が違うと思います。以下は、私の個人的なやり方と意見です。

990点狙い(正確には495点狙い)の場合は、ナレーションを最後まで聞いて解答するほうがよいと思います。途中で鉛筆を動かすとリスニングがおろそかになり、聞き逃す可能性があります。また、ナレーションの最後に重要な情報が含まれている場合が多いので、最後まで聞くことが大切です。私は目を閉じて最後まで集中して聞きます。

どうしても途中で鉛筆を動かす場合は、黒塗りせず、チョンとマークを付ける程度にして、音に集中し、リーディングの時に黒塗りします。

過去の4回のTOEICで最後まで聞くやり方と途中で解答するやり方をトライしました。結果としては、途中で回答した2回とも495点未達成、最後まで聞いた2回は495点達成しました。この結果からも最後まで聞いたほうが良いようです。

また、途中で解答すると、ナレーションの途中で解答が終了し、次のページをめくることになり、ページをめくる音が最後まで聞いている周りの人を邪魔する可能性もあります。

ただ、このやり方は990点狙いの場合であって、700点、800点、900点狙いの人がどうすべきかについては、私には分かりません。先読みを重視して、少しぐらいの聞き逃しはしょうがないとあきらめ、80%の正解率をめざすのもありかもしれません。


[タグ未指定]
[ 2011/02/06 18:52 ] TOEIC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

Andy

Author:Andy
プロフィール:

TOEIC 990点
英検1級合格二次試験100点(優秀賞)
TOEFL iBT 119点(2015年7月11日、2年間有効)

名前:Andy
年齢:59歳
学歴:University of Missouri at Rolla 工学部原子力工学科卒業
職業:技術系の通訳を30年以上やっています。

仕事柄、欧米人と仕事をすることが多く、Andyというニックネームを使っています。
北陸の田舎に住んでいます。毎週、北陸新幹線にお世話になっています。
コシヒカリを食べて育った純粋な日本人です。
韓国語、中国語は全くできません。

毎月TOEFLを受験しています。
ソラシティ、武蔵小杉、テンプル大学麻布校3階が好きな会場です。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧