TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

Hさんから108点のご報告をいただきました。

Hさんから108点のご報告をいただきました。

Andy様

平素よりお世話になっております。

2017/3/25のTOEFLで108点獲得いたしました。
留学経験の無い私がこの点数を取れたのは、Andy様の講座で学んだ指針による効果が極めて大きいです。
以下個人の体験談および意見となりますが、共有させて頂きます。

勉強会前後の得点の推移:
2015/4/12 Total 101 (R29 L26 S23 W23)
2015/5/3  勉強会参加
2015/5/16 Total 105 (R28 L30 S22 W25)
(暫く勉強を休止 2017年1月に勉強再開)
2017/3/25  Total 108 (R29 L28 S22 W29)

全体的なコメント:
まず、TOEFLで悩まれている全ての日本人受験生に、 Andy様の講座をお勧めしたいです。
得られる情報の質・教材の質・コストパフォーマンスが段違いだと思います。
情報が乱立する中、 何に時間とお金を費やすべきかが明確になりました。

Reading:
市販の教材で単語を暗記した後、TPOを練習しました。
TPOの大きなメリットは、本番に近い難易度の問題を練習し、 自分の誤答のパターンが分かることだと思います。

Listening: 
改善に時間がかかるパートなので、 日常生活に落とし込むことを意識しました。
韓国本・中国本のデータを通勤中などに繰り返し聞きました。
あとは、英語字幕つきの講義を聴けるTED subsitleという無料アプリがお勧めです。

Speaking:
韓国本・中国本の問題を練習し、何度も口に出して自分の言葉でまとめる事で、22-23点は安定して取ることができました。
これ以上の点数の向上は、もっと根本的な英語能力の向上が必要であると感じます。引き続き課題として取り組みます。

Writing:
ここを25点で満足せずに対策したことが、今回の点数の一番のポイ ントだと思います。
適切な対策をすれば満点近くを狙える箇所だと感じます。

Integratedはとにかく沢山書くことを心がけました。29点を取ったときは280文字書きました。
Andy先生のテンプレートを使って、それぞれのパラグラフでR1文L2文を心がけました。
またリスニングの内容の取りこぼしが致命的になるので、メモはほとんどせずリスニングに集中しました。

Independentについては、理由の深さは追求せず、単に英語能力を求めている試験であると割り切りました。
それを前提に、平凡な例示を使い多くの文章を書くようにしました。
具体的な目標としては、450文字以上、かつ最後の見直しに最低3分費やすこと目指しました。
また、Andy先生にお勧め頂いたMichael氏の添削を10 回程度行いました。
彼の詳細なレビューを閲覧し、冠詞・単数形と複数形の使い分けといった細かい点を含めて自分の癖を分析することで、英文のミスを減らすことが出来ました。


今後もSpeakingを中心に対策を続け、時間が許す限り高い点数を目指したいと思います。
重ね重ね御礼申し上げます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
--------------------------------------------------
留学経験のない方が108点を取ることは非常に大変なことです。激務の中、本当によく努力されました。RLがほぼ満点、特にWを29点まで延ばされたことが今回の高得点につながりました。Wに関して多くの大切なポイントを指摘されています。Integratedのリスニングはメモを最小化して音に集中すること、Rから1文、Lから2文書いてワード数(280ワード)を確保する、Indepenentでは平凡な例示、450ワード、3分見直し、添削による文法ミスの削減、私が申し上げたい提案をすべて実施されており頭が下がります。今後のHさんのご活躍をお祈りします。




[タグ未指定]
[ 2017/04/10 13:11 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Listeningの3セット目が新しい問題になっています。

3月に入って、Lの3セット目が今までのダミー問題ではなく新しい問題になっています。
一部の生徒さんから、3セット目を適当に解答したら、すごく低い点数になったとの報告があります。
当面の方針としては、3セットすべて真剣に解いてください。
従いまして、試験会場へは早めに行かれるほうが良いです。遅いとLの3セット目で回りがSを始めますので、集中できなくなります。
よろしくお願いします。
また、新しい傾向としては、Rが4パッセージ80分のケースが増えています。一つはダミーと思われますが、毎回違う4つのパッセージが出題されていますので、どれがダミーかわかりませんので、4つともすべて真剣に解いてください。Rの問題は3種類くらい用意されているようで、受験者によってやる問題が違います。

[タグ未指定]
[ 2017/04/04 11:13 ] TOEFL | TB(-) | CM(-)

Kさんから105点のご報告をいただきました。

Andy先生

大変ご無沙汰しております。2015年9月に勉強会に参加させて頂いたKです。

MBA受験が終了しまして、今秋よりMichigan Rossに進学することになりました。
先生の勉強会から私のMBA受験プロセスがスタートしたと言っても過言ではありません。大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。

最終的なTOEFLのスコアは105点(R30 L26 S23 W26)でした。いかに私の経験について記載いたします。
よかったら、受験中方のメッセージとしてブログに記載していただければ幸いです。

【全般】
TOEFLは受験プロセスで一番時間ががかりました。23回受験しました。要所だけスコア遷移を記載します。
2015.8.22 初回 63点(R20 L11 S15 W17)
2016.1.23 8回目 94点(R27 L28 S17 W22)
2016.5.23 16回目 100点(R26 L25 S23 W26)
2016.9.24 23回目  105点(R30 L26 S23 W26)
初受験は63点でした。入社以来6年ほぼ英語を勉強せず、慌ててTOEICを1年勉強したものの、800点まで伸ばすが精一杯でした。
そんな折、先生の勉強会について先輩から話を聞いて、藁にも縋る思いで参加したものの、周りがみんな英語うまくてとてもコンプレックスを感じた記憶があります。
その後、先生にいただいたTPOの教材で、ReadingとListeningに特化して勉強した結果、1月に94点が出ました。Listeningがなぜか28点が出て、このまま順調にTOEFLが終えられると期待したのが大間違いでした。振り返ると、私はListeningにおいても、英語の音も構文も理解度が低く、改善すべきステップが多かった気がします。また、語彙も圧倒的に乏しく、3800を覚えるのがつまらなくて、夏場まで語彙の強化を怠ったのが、長期戦になった要因だと思います。問題演習をしてもスコアが伸びないことがとても歯がゆかったのですが、闇雲に勉強するよりも正しい努力を積み重ねる方がよほど効果的だと後から気づきました。5月頃からWEB TOEFL・E4TGなど予備校や通信講座で習うメソッドを基に地道に勉強をつづけた結果、9月にようやく105点を取ることができました。

【Reading】
27点くらいで8か月間くらい伸び悩みました。語彙が弱かったのが要因かと思います。
夏場からGMATに移行して文法と語彙を強化したら、TOEFLにも良い影響がありました。

【Listening】
最後までスコアが安定しませんでした。11月にキャンパスビジットをして、生の英語を聞いてから、英語の聞き方が少しわかった気がします。
試験のためのリスニングに終始せずに、生の英語に触れる重要性を感じました。リスニングの改善にはいくつかのポイントでの能力向上が必要だと思います。音の理解・構文の理解・語彙の向上など。WEBTOEFLのリスニングの練習法は非常に多角的かつ論理的で個人的にはおススメです。

【Speaking】
いまだに苦手です。E4TGのメソッドを何度も練習しました。僕は発音もFluencyもさっぱりでした。発音とFluencyは時間がかかりますが、どのみちインタビューで必要になりますので、地道に練習するしかないと思います。

【Writing】
タイピングが遅いことに苦戦しました。誤植を避けること、適量を記述することが大切かと思います。INDもINT情報が不足しているのはもちろんだめですが、INTでリスニングで耳に入ったものをむやみに記載したときは、文字数が多い割にはスコアは出ませんでした。Andy先生の添削やWEBTOEFLで25点以上はコンスタントに取れるようになりました。僕は、英語力ない癖に、暗記作業が嫌いなので、テンプレの活用は必要最低限にとどめました。

【ふりかえり:特に、私のように英語圏在住経験なし&仕事で英語を使わない方々へ】
TOEFLをスムーズに卒業するのが理想ですが、思うようにいかないケースもあると思います。一緒に予備校に通っていた友人が、「TOEFLは出願までに終わってればいいんだよ」と言っていたのが印象的でした。彼は実際に12月までE4TGに通いましたが、最後に見事一流校に合格していました。
一般論では、TOEFL→GMAT→エッセイ→インタビューと段階を踏んで進むのがよい、と言われますが、多くの方が、TOEFLとGMATまたは、GMATとエッセイは重複します。厳しい場合は、TOEFL/GMAT/エッセイすべて同時並行になる人もいます。僕は、夏はGMATに時間をとられてTOEFLは出来ませんでしたが、GMATからレバレッジが効いてTOEFLも何とかなりました。振り返ると、エッセイでひたすら英作文を作っている間に間違いなく英文作成力も上がりましたし、インタビュー対策でスピーキングとリスニングも改善しました。
各プロセスで多面的に英語に触れることで、英語の地力が多少はついたと思います。何が言いたかったというと、TOEFLを先に終わらせないと受験が失敗するわけでもありません。特に、純ドメで英語が苦手な人ほど、受験の各プロセスがしんどいけど、その分伸びしろも大きいはずです。7~9月はほぼTOEFLの勉強が出来なくてもスコアが伸びました。この時期にAndy先生のブログを読む方は、2018年入学を目指す方が多いと思いますが、努力し続ければ最後は報われると思いますので応援しています。

以上です、お世話になりました。
末筆ながら、先生のますますのご活躍とご健康、そしてTOEFL満点獲得を祈念しております。
――――――――――――――――
63点から大変苦労されて105点を獲得されました。Rの満点が素晴らしいです。L26点、S23点、W26点も素晴らしい点数です。語彙の重要性、TOEFLの点数が伸び悩んでも、GMAT、エッセー、インタビューなどがTOEFLの点数を押し上げてくれること。現在勉強中の方には大変参考になるコメントをいただいています。「努力し続ければ最後は報われる。」この言葉をすべての方に送りたいです。詳細にわたるご報告に感謝します。留学のご成功と今後のご活躍を祈念します。


[タグ未指定]
[ 2017/04/03 11:01 ] TOEFL学習記録 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Andy

Author:Andy
プロフィール:

TOEIC 990点
英検1級合格二次試験100点(優秀賞)
TOEFL iBT 119点 (2017/11/4)

名前:Andy
年齢:59歳
学歴:University of Missouri at Rolla 工学部原子力工学科卒業
職業:技術系の通訳を30年以上やっています。

仕事柄、欧米人と仕事をすることが多く、Andyというニックネームを使っています。
北陸の田舎に住んでいます。毎週、北陸新幹線にお世話になっています。
コシヒカリを食べて育った純粋な日本人です。アメリカ人、ハーフではありません。
韓国語、中国語は全くできません。

毎月TOEFLを受験しています。
ソラシティ、武蔵小杉、テンプル大学麻布校3階が好きな会場です。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧