TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

Sさんから101点のご報告をいただきました。

【はじめに】
金融業界でトレーダーとして12年勤務し、キャリア再考の過程で憧れのMBAの準備をしてみながら何を感じるかやってみようと思い立ちAndyさんの門戸を叩きました。
途中で転職活動を経て実際に転職し、GMATへの浮気もし、結果として5か月の長期戦と相成りました。ちなみにAndyさんのセミナーとMichaelの添削以外は独学。
Andyさんのプリント「TOEFL100点~110点獲得のための対策」はまさに秀逸で、独学を進める際の唯一にして最良の指針となりました。

【得点経過 (R/L/S/W Total) 】
1回目 28/02/2016   26/21/20/21 88
2回目 19/03/2016   26/23/19/21 89
3回目 09/04/2016   25/29/19/22 95
4回目 28/05/2016   28/22/20/22 92
5回目 10/07/2016   29/22/22/21 94
6回目 30/07/2016   27/28/15/26 96
6回目 (rescore申請) 27/28/20/26 101

【各論】
■Reading
TPO最高です。最後の1週間で数代ずつ解いたときには本番で自信を持て点も出ました。答えの箇所を文中ですべて特定し時間内に解けるようになると点があがりました。TPOは8割くらい終わらせました。

■Listening
TOEFL test iBT Listening→TPOを使いました。iBT Listeningを初見で聴いていたころは点が取れ、iBT二回目以降で流し聞きだけしている時期はガクンと下がり、TPOを初見でやるようになるとまた上りました。TPOは8割終了。Andyさんの「日々の練習はミクロ。聞けていないパーツを一つ一つ気づけるように・聴けるように変えてゆく」は名言です。未だBreakthroughを感じないのでDavid Choに移行しDictation,Shadowingを行います。

■Speaking
Andy先生の「費用対効果が悪い」という言葉を信じほぼなにもしていません。練習した回数よりテストを受けた回数の方が多いくらいです。前日にモックテストをやり当日朝に問題を見つつイメトレしてから行った回が最高の22点でした。

■Writing
一般に「一番費用対効果が高い」「まとめて勉強して早く26-28点に上げてしまう」など言われていますが、私はなかなか点が出ず苦労しました。
やったことは3つです。①テンプレートを憶える②Michaelに添削してもらう③文法(わたしは特に冠詞、名詞、時制)の復習です。
Michaelの添削で24-26くらいと評価され、準備せず受けたGMAT AWAで4.5が出た後、Writingが21が沈んだときの絶望感といったらなかったです。


【最後に】
転職活動等で質・量ともに取り組みきれない時間があり点数が出ず焦りました。特にWritingがなかなか陽の目を見ず苦労しました。転職したてで2017年に出願するかはわかりませんが、
今後110点(R30/L29/S23/W28)を取るために以下の取り組みをします。
R Financial Times, Economist, GMAT OG等に習慣的に取り組む(GMAT RCで時間不足かつ内容も2段階難しいと感じました。)
L David Chowを購入!「Dictaiton+Shadowing」で潰しブレークスルーを体感するまでやる所存。
W Typicalなお題を20個選び、Writing for the TOEFL iBTも参考にし、Michaelに添削してもらった物を暗記する所存。

Andy先生の授業で、「TOEFLのテストってこんなもので攻略法はこうです」と地図をいただき、TOEFLを受験している方たちと知り合えたことは大変有意義でした。
110点報告できるよう頑張ります。


[タグ未指定]
[ 2016/08/21 19:11 ] TOEFL学習記録 | TB(-) | CM(-)

Sさんから100点のご報告をいただきました。

Sさんから100点のご報告をいただきました。

Andy先生

お世話になります。昨年10月に勉強会に参加しましたSです。8月6日の試験(10回目)にて100点(R27 L25 S23 W25)を獲得しましたので、報告致します。これもAndy先生のご指導のおかげと考えておりますので、まことにありがとうございました。
ただ反省点は多々あり、想定以上に期間をとってしまいましたので、勉強会でのメソッドをもっと効率的にこなしていけばよかったと考えます。。
アプライ時期は諸事情で先となりましたので、腰を据えて取り組んで105点以上を目指していきたいと思います。

以下、勉強法などです。基本的には勉強会に沿ったやり方ですが、徹し切れていない点が見受けられます。

■全般
昨年9月に初受験で80点を取得しました(事前対策はL、WのWeb TOEFLの基礎を一通り)。その後、勉強会に参加し12月に90点(3回目)を取得し、3月から月1回程度受験しております。90点前後で伸び悩む時期が続き、また総合的に取組時間も減っていきました。ただ、毎日L、Sには取り組んだ事が全体の底上げにつながり、100点取得の要因になったと考えます。

■R
3800、洋書を読むといったことを行っていますが、TOEFL対策という観点では甘いと考えています。特に本番での時間管理が全く出来ておらず(直近回では苦手な自然科学に25分かかっていました)、満点取得のためTPOを用いて時間管理を身に染み込ませる必要があると考えています。

■L
最も伸び悩みが続いたパートです。用いた教材は、Delta(Web TOEFL) ⇨Hackers ⇨TPO(7回目)といったように、いたってオーソドックスかと思います。この過程で、ある程度は聞けるようになっていったつもりではあったものの、得点には結びついていませんでした(18〜23点)。要因としては、TOEFLの問いはHackersなどよりひねった言い回しが多いと見受けられ、解答力の習熟が追い付いていなかったのだと思います。引き続き、TPOの残りに取り組みたいと考えます。

■S
先ず、Hackersにて基本テンプレートを頭に叩き込みました。 シンプルで応用が効くので、本当に有用だと考えています。一通り定着した後は、勉強会でいただいた紅宝などを用いて毎日Q1、2に取り組んでおります。

■W
Independentについては、Web TOEFLの添削に14回程度取り組みました。1回あたりの作文を推敲を重ねて提出するなど時間をかけて取り組みましたが、Gを割ることは無く、テンプレに頼らないクセが身について良かったかなと考えます。
Integratedについては、勉強会の指定教材、Web TOEFL、韓国教材と色々取り組みましたが、Fが続いて伸び悩んだパートです。最も取り組みやすいパート、などと言う方も多いですが、自分には全く当てはまりませんでした… Andy先生の添削後にはやり方を見直し、叙述に工夫(単にRLの内容を載せるだけでなく、対比をより意識するなど)を凝らし、何とか25点をとれるようになりました。

[タグ未指定]
[ 2016/08/18 11:25 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Iさんから101点のご報告をいただきました。

Iさんから101点のご報告をいただきました。
――――――――――――

ご連絡が遅くなりましたが、TOEFLは無事昨年末(12/5)にて100点越えを達成し、
無事IE business Schoolというスペインの1年制ビジネススクールへの17年1月からの進学から 決定しました。

なお、その時(スコア:101)の点数ですが、
R29 L26 S23 W23 Total 101
と、W以外はほぼ自己ベストです。
WもそろえたかったのですがGMAT準備もあり、ここで打ち止めとしました。

Rに関しては、冒頭から点数が上がる傾向だったので、
オフィシャルガイドやBarrons演習、後半はGMATのReading演習など自主鍛錬で29までとどきました。

Lに関しては、某Y予備校のカリスマ先生のディクテーショントレーニングが僕には有効で、26を達成しました。

Sに関しては、某E予備校のオリジナルクラスに5か月通い、徹底的に良いパターンの回答傾向を学び、
無事ノンネイティブのMAXといわれる23を獲得しました。

Wに関しては、理由は自分でもよくわからいのですが、某I予備校のテンプレートを使ったのち、
もっと自分なりにカスタマイズしようとしたのですが、
なかなか後半点数が安定せず、23~27の中をいったりきたりでした。

TOEFLは1年かけて15回も受けての101点達成で、
先生の1日講習を受けたのはすでに12回程度受験したのちでしたが、
最後の追い込みの時期に全体のテストの傾向や趣旨を把握するのに非常に役に立ちました。
(もっと早くみつけていればよかった、とも思ってます)

ぜひ今後も、授業を続けていただき、多くの日本人を留学への道に導いてください!

[タグ未指定]
[ 2016/08/16 16:33 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Andy

Author:Andy
プロフィール:

TOEIC 990点
英検1級合格二次試験100点(優秀賞)
TOEFL iBT 119点(2015年7月11日、2年間有効)

名前:Andy
年齢:59歳
学歴:University of Missouri at Rolla 工学部原子力工学科卒業
職業:技術系の通訳を30年以上やっています。

仕事柄、欧米人と仕事をすることが多く、Andyというニックネームを使っています。
北陸の田舎に住んでいます。毎週、北陸新幹線にお世話になっています。
コシヒカリを食べて育った純粋な日本人です。
韓国語、中国語は全くできません。

毎月TOEFLを受験しています。
ソラシティ、武蔵小杉、テンプル大学麻布校3階が好きな会場です。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧