TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

勉強会の案内と予定

TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。現在70点以上の方が対象です。

過去の参加者はMBA、LLM、MPP, MPH, 博士課程、N-Program 等を目指すトップ企業、省庁、弁護士、裁判官、医師の方々です。年間約250名のご参加をいただいていますので、首都圏にお住いのMBA/LLM志願者の大半のご参加をいただいています。

2014年度: 256名(企業183、弁護士・裁判官32、中央省庁27、公認会計士10、医師9、その他5)
2015年度: 260名(企業167、弁護士・裁判官42、中央省庁38、医師10、その他3)
2016年度: 255名(企業155、弁護士・裁判官52、中央省庁42、医師6、その他0)

勉強会ではTOEFL100点越えのための一つの効率的な勉強方法をご紹介します。また、関連資料・情報を提供します。過去に多くの先輩がこの道を通って成功していますので、ほぼ確立された方法論になっています。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

ただし、勉強会に出て魔法のように点数が短期間で改善することは期待できません。過去に例外的にそのような生徒さんもいますが、地道に3か月~1年ほど勉強していただく必要があります。

現在70点台、80点台の方は6か月~1年程度の勉強期間が必要ですので、70点超えたらすぐに受講をご検討ください。90点から100点に苦労されている方、100点取れたが100点後半を狙いたい方もお力になれると思うので受講をご検討ください。

仕事が忙しく定期的に学校に通えない方、独学される方はこの勉強会の受講を特に強くお勧めします。海外駐在中の方も、できるだけ早い一時帰国のタイミングでご参加されることをお勧めします。中央省庁からアメリカ留学される方、お待ちしております。LLM留学の方、激務で勉強時間が取れない方、ご検討ください。歩むべき登山道をお教えしますので、一歩一歩着実に頂上まで登ってください。

この勉強会の参加者は、先輩・同僚からのご紹介を受けて参加される方がほとんどです。社内・省庁内に過去に勉強会に参加された先輩・同僚がおられたら「Andyさんの勉強会どうでしょうか?」と聞いてみてください。近くにそのような先輩・同僚がいない場合は、このブログを読んで参加を検討することになりますが、過去の先輩方の高得点報告メールを読んていただいて感触をつかんでいただければと思います。

-------------------------
参加条件:

(1)TOEFLの点数70点以上の社会人の方。未受験の方は参加できません。受験されて70点以上を取得ください。最後のTOEFL受験から2年以上経過している方も再度受験されて70点以上を取得ください。結果が出た後、申し込みしてください。結果が出ていない方の申し込みは例外なく受け付けません。70点未達の方は、3800本のRank3の暗記、アゴス、Webtoeflなどの基礎講座の受講をお勧めします。

以下の方は参加できません。
(1) 学生(学部・大学院)の方は参加できません。
(2) 同業者(TOEFLの講師、将来TOEFLを教えたい、英語塾の講師)の方、参加できません。
(3) MBA/LLMなどの具体的な出願予定はなく、趣味で英語能力の向上を目指している方、参加できません。

また、申し訳ありませんが、学生、同業者、英語マニアの方からのメールでのご質問にも対応できません。
Skypeによる参加はできません。ご足労ですが東京の勉強会に直接ご参加ください。
ーーーーーーーーーーーーーーー

勉強会の内容:
各クラスの定員は6名。9:10~18:00頃 昼食休憩1時間(全員で近くのレストランで食事します。食事代500円ご負担願います。)授業時間8時間の勉強会です。
以下の3つが主な講義内容です。
(1) 100点~110点取るための効率的な勉強方法の説明
(2) RLSWの練習 (R:1パッセージ、L:1パッセージ、S:6問、W:作文2回)
(3) 各種情報の提供

最小開催人数は3名です。これに満たない場合は勉強会の2日前の午後3時頃に参加希望者に連絡し、後日の勉強会へのご参加をお願いすることがあります。 残席が3名以下となっている勉強会、または実施確定済の記載がある勉強会は実施が決まっています。

------------------------------
料金(指定教材2つを購入希望の場合):
勉強会受講料 43200円(40000円+消費税)
指定教材費 10260円+送料1000円
合計 54460円
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催予定:

申し込みの締め切りは勉強会の2日前の午後3時です。これ以降の申し込みは教材の送付が間に合わないため受け付けません。次週以降の勉強会にご参加ください。教材の当日の手渡しはできません。
----------------------------------------------------------
以下、(Reading勉強会) と記載のあるものがReading集中勉強会です。記載のないものは通常の勉強会です。Reading勉強会はすでに勉強会に参加済みの方が対象です。


2月26(日)9:10集合18:00くらいまで(残席5名、2月24日15時締切) 開催確定済
中央町社会教育館 地下一階 #5会議室
目黒区中央町二丁目4番18号(中央町さくらプラザ地下1階)
東急東横線 祐天寺駅(各駅停車に乗ってください、急行・特急は停車しません)下車 徒歩15分、タクシー5分、
東急バスが便利。渋谷駅前71系もしは目黒駅前06系統に乗り、水道局目黒営業所前下車 徒歩1分

3月5(日)9:10集合18:00くらいまで(残席6名、3月3日15時締切)
上目黒住区センター 2階 第2会議室 
目黒区祐天寺二丁目6番6号
東横線 祐天寺駅(各駅停車に乗ってください、急行・特急は停車しません)から徒歩5分
祐天寺で降りたら、南改札、東口2を出て左に約30メートル歩くと駅前のロータリーに出る。ファミマと不動産屋(Balleggs)の間の道を5分ほど東に進む。右側にTSUTAYAが出てきたら、とんかつの「さんき」を左に曲がる。(駒沢通りまで出てはいけない。その手前の道)

3月12(日)9:10集合18:00くらいまで(残席6名、3月10日15時締切)
上目黒住区センター 2階 第3会議室 
目黒区祐天寺二丁目6番6号
東横線 祐天寺駅(各駅停車に乗ってください、急行・特急は停車しません)から徒歩5分
祐天寺で降りたら、南改札、東口2を出て左に約30メートル歩くと駅前のロータリーに出る。ファミマと不動産屋(Balleggs)の間の道を5分ほど東に進む。右側にTSUTAYAが出てきたら、とんかつの「さんき」を左に曲がる。(駒沢通りまで出てはいけない。その手前の道)


3月19(日)9:10集合18:00くらいまで(残席6名、3月17日15時締切)
上目黒住区センター 2階 第3会議室 
目黒区祐天寺二丁目6番6号
東横線 祐天寺駅(各駅停車に乗ってください、急行・特急は停車しません)から徒歩5分
祐天寺で降りたら、南改札、東口2を出て左に約30メートル歩くと駅前のロータリーに出る。ファミマと不動産屋(Balleggs)の間の道を5分ほど東に進む。右側にTSUTAYAが出てきたら、とんかつの「さんき」を左に曲がる。(駒沢通りまで出てはいけない。その手前の道)

3月20(月)(Reading勉強会)春分の日9:10集合20:00くらいまで(残席6名、3月19日15時締切)
過去の勉強会に参加済みの方が対象です。料金32400円。
中央町さくらプラザ 第4会議室 
目黒区中央町二丁目4番18号(中央町さくらプラザ1階)
東急東横線 祐天寺駅(各駅停車に乗ってください、急行・特急は停車しません)から徒歩15分、タクシー5分、
東急バスが便利。渋谷駅前71系もしは目黒駅前06系統に乗り、水道局目黒営業所前下車 徒歩1分


3月26(日)9:10集合18:00くらいまで(残席6名、3月24日15時締切)
中央町社会教育館 地下一階 #2会議室
目黒区中央町二丁目4番18号(中央町さくらプラザ地下1階)
東急東横線 祐天寺駅(各駅停車に乗ってください、急行・特急は停車しません)下車 徒歩15分、タクシー5分、
東急バスが便利。渋谷駅前71系もしは目黒駅前06系統に乗り、水道局目黒営業所前下車 徒歩1分


--------------------------------
申し込み方法: (Reading勉強会(勉強会に参加済みの方対象)の申し込み方法は、このページの最後のほうにあります。)
gmail または yahoo メールアドレスにて以下の申し込みをお願いします。会社のメール、ホットメール、outlookのアドレスは決して使わないでください。送受信エラーが多発しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
申込連絡先:
andytoeic@yahoo.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、開示したくない情報(会社名、年齢など)がある場合は記載不要です。Wの教材を購入されない方は住所情報も記入不要です。

メールの件名を  ?月?日勉強会参加希望  としてください。

Andy 様
下記の通り申し込み致します。

勉強会希望日:?月?日
名前:山田太郎(やまだ たろう)
年齢:30歳
会社名・省庁名:山田商事株式会社
目的:MBA, LLM, MPP, MPH, 博士課程
社費、公費、自費
出願時期:2017年度出願2018年留学、2018年出願2019年度留学
希望目標点数:100点、105点、110点
過去3回の点数: (直近2年のデータを記入ください。古いデータ(2年以上前のデータ)は不要です。)
R20 L15 S16 W18 計69 その前
R24 L17 S18 W22 計81 前々回
R26 L25 S20 W21 計92 前回
過去2年間のTOEFL iBT受験回数:7回
英語圏長期(1年以上)留学経験:なし。米国大学留学2年 英国小学校3年 (海外駐在経験の記載は不要です。)
どこでこの勉強会のことを知ったか:友人・同僚・先輩・Web
受講済(受講中)のTOEFL学校・講座:なし。E○○G、アゴス(RLSW)、Webtoefl(RLSW)
ーーーーーーーーーーーー
指定教材の購入希望:2件すべて購入します。一部のみ購入します。
(1) Hackers Actual Test Writing 2nd Edition 3780円: 要・不要 (勉強会で使用しますので、お持ちでなければご購入ください。宅急便で送付します。) 
(2) TPOソフト(Windows, MACで使えます) 6480円: 要・不要 (このソフトで3~12か月程度勉強していただくことになりますのでお持ちでない方は必ず購入してください。勉強会当日、USBメモリー経由でPCにインストールします。)
ーーーーーーーーーーーーー
教材の郵送先:宅急便で発送します。Hackers Actual Test W の購入がない方は記入不要です。
郵便番号: 153-0052
住所:東京都目黒区祐天寺2-2-2-222
氏名:山田太郎
電話番号: 090-1234-1234
希望配達時間帯:なし。20時~21時、不在時は宅配ボックスへ。
ーーーーーーーーーーーーー
領収書 要・不要
宛名:個人名、山田商事株式会社
但書:TOEFL集中講座受講料、英語研修費用、
(領収書は勉強会の当日お渡しします。発行日付は勉強会の日付になります。)
ーーーーーーーーーーーーーーー
以上、よろしくお願いします。
山田太郎




----------------------------
その後の手順:
(1)料金の振り込み案内メールをお送りします。
(2)振り込み完了のメールをお送りください。このメールの到着順番で席が埋まります。満席になった場合は次週以降の勉強会へのご案内となります。早めのお振込みをお願いします。
(3)正式登録のメールをお送りします。
-------------------------------
キャンセルの取扱について:(以下金額は通常の勉強会の場合を想定しています。R勉強会の場合は32400円がベースになります。)
登録後キャンセルされる場合は以下のルールに従って、キャンセル料が発生します。
勉強会の3日前までにキャンセル、日程変更をお知らせいただいた場合は、キャンセル料は発生しません。例えば、1月18日の勉強会であれば、1月15日までに御連絡をいただければキャンセル料は発生しませんが、1月16日にご連絡いただくとキャンセル料10000円が発生します。前日(1月17日)以降にご連絡の場合は43200円全額がキャンセル料となります。
キャンセルされその後、受講されない場合:
キャンセル料が10,000円の場合は、残金の33200円を返金します。キャンセル料が43200円の場合の返金はありません。教材費の返却はできません。
別の日の勉強会に参加される場合:キャンセル料が10,000円の場合は、10000円の振込が必要です。キャンセル料が43200の場合は、43200円の振込が必要になります。
直前に申し込まれた場合も、上記のキャンセルの通知タイミングで、キャンセル料金が発生します。

ーーーーーーーーーーーーー
参加者の方へ:
当日持参いただくもの:通常の勉強会の場合です。R勉強会の場合はPC(電源コード+延長コード)と筆記用具をお持ちください。

指定教科書(Hackers Actual Test W)
御自分のPCを必ずご持参ください。 終日PCを使いますので、電源コード+延長コード(教室内のコンセントの位置が遠いので)もお持ちください。
USBメモリーからTPOソフトをPCにインストールした後、当日お渡しするパスワードをオンラインの状態で入れていただきます。
パスワードは一台のPCのみ有効ですので、今後TPOの勉強に使うPCをご持参ください。
また、パスワードをオンラインの状態で入れる必要がありますので無線でネット接続可能なPCをご持参ください。
当方でPocket Wi-Fiを用意しますが、ご自分のPocket Wi-Fiをお持ちであればご持参いただけるとありがたいです。
USBメモリーで大量の情報を提供しますのでUSBが使えるパソコンが必要です。(USBスロットがないPCの方は、アダプターが必要です。)
TPOソフト+他の情報の容量は最大で3ギガバイトです。PCのメモリーが少ない場合は、不要なファイルを掃除するか、外付けHDを利用してください。

ノート、筆記用具
タイマー(Speaking練習時に45秒、60秒を測る)。携帯のタイマー機能でもよい。
イアフォン(Listening練習時に使います。)

USBメモリーは当方で用意しますので、ご持参いただく必要はありません。




------------------------------------------------------
勉強会の会場情報については当方のブログでご確認ください。
東横線祐天寺駅,または都立大学駅を利用される方は、急行、特急が停車しませんので、各駅停車にお乗りください。急行・特急に乗られて遅刻される方が結構います。



ーーーーーーーーーーーー
Reading勉強会のご案内

すでに20~25点程度とれている人に30点を目指してもらう勉強会です。
すでに過去に勉強会に参加された方が対象です。
中国過去問を朝9:10から夜8時くらいまで、解きまくります。22分で解いていただいた後、当方の解答解説をします。
10パッセージの問題演習を予定しています。現在Rで20~25点取れている方が対象です。Prose Summary (6つから3つ選ぶ)の選び方を完璧にして帰ってください。Rは満点が期待される科目ですので、まだ安定して28点が取れてない方も受講をご検討ください。また、その他の科目に関しても悩み、ご質問があると思いますのでこの機会にクリアにしてください。勉強会参加から1年以上経過している方は最新情報の入手、モチベーションの維持ができますのでご参加ください。(料金:32400円)

Reading勉強会 にご参加希望の方は以下をご記入ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
申込連絡先:
andytoeic@yahoo.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーー
メールの件名:  ?月?日 R勉強会参加希望

Andy様
下記の通り申し込み致します。

R勉強会希望日:?月?日
名前:山田太郎(やまだ たろう)
いつの勉強会に参加されましたか?:2016年3月
直近3回の点数:
R20 L15 S16 W18 計69 その前
R24 L17 S18 W22 計81 前々回
R26 L25 S20 W21 計92 前回
ーーーーーーーーーーーーー
領収書 要・不要
宛名:個人名、山田商事株式会社
但書:TOEFL集中講座受講料、英語研修費用、
(領収書は勉強会の当日お渡しします。発行日付は勉強会の日付になります。)
ーーーーーーーーーーーーー
以上よろしくお願いします。
山田太郎
ーーーーーーーーーーーーー
R勉強会の当日ご持参いただくもの。
PC(電源コード+延長コード(教室内のコンセントの位置が遠いので))と筆記用具をご持参ください。



-----ーーーーーーーーーー
高得点者の寄稿のお願い。
勉強会に参加され、100点以上を獲得された方は、当方のブログで紹介させていただいています。
ご寄稿をお待ちしています。

RLSWの各教科について、有効だった勉強方法をお知らせいただくとありがたいです。
現在勉強中の学習者の大きな励みになります。

例えば、
R: TPOの100パッセージをやった。
L: TPOの200パセージを2巡した。
S: 学校とレアジョブで練習量を確保した。
W: 30回+30回を3か月間で書いて、すべて添削に出し、文法のミスについては間違いリストを作った。

ブログに掲載させていただきますので、その前提で書いていただくようにお願いします。ブログ掲載後の加筆修正が可能ですので、いつでもお知らせください。

以上、よろしくお願いします。








[タグ未指定]
[ 2017/02/08 08:14 ] TOEFL | TB(-) | CM(-)

Kさんから105点のご報告をいただきました。

Andy先生

お世話になっております。
2016年10月23日の勉強会に参加させていただきましたKです。

先日の試験にて、目標スコアの105点を獲得致しましたので、ご報告申し上げます。


ここまでの勉強内容は下記の通りです。他の生徒様に参考にして頂ける部分が有れば幸いです。
なお当方は海外赴任・留学経験無しの純ドメです。仕事では英語を読む・聞く機会が時々ある程度です。


【スコア推移】
<2016/09/03> Total 83 (R26 L19 S18 W20)
<2016/10/23> Andy先生の勉強会参加
<2016/11/05> Total 90 (R28 L22 S18 W22)
<2016/11/19> Total 92 (R28 L21 S18 W25)
<2016/12/03> Total 99 (R27 L28 S18 W26)
<2016/12/17> Total 101 (R29 L29 S17 W26)
<2017/01/22> Total 105 (R30 L28 S19 W28)

勉強会参加~2016/12/17:L・R中心に学習

2016/12/17~2017/01/22:L・S 中心に学習


【勉強内容】
<語彙>
「TOEFLテスト英単語3800」を使用しました。一週間ほど使って、Rank 1~3の単語を集中的に覚えました。Reading・Listeningの勉強をしていく中で自動的に復習することになりますので、一度キッチリ覚えてしまえば後でもう一度やる必要は無いという印象です。


TPO(28~34の7回分)を使用しました。
基本的に1段落読み終わる度に問題を解いていくようにしていました。直前の段落と今読んでいる段落の関連性や、文章全体の流れを意識しながら読むことが大事かと思います。Prose Summaryを本文を見直さずに解ける可能性が高まりますし、読むスピードも上昇します。
一度慣れてしまえばスコアは安定するイメージですので、ある程度伸びてきたら他のSectionに時間を割いていく方が良いかと思います。


TPO(19~34の16回分)を使用しました。
途中でメモは取らず、目を閉じて聞くようにしていました。初めて受けた9月のTOEFLではあまりの長さに絶望的な気分になったのを覚えていますが、ある程度慣れてきてからは内容を楽しめるようになりました。一番時間をかけたSectionでもあり、一番実力が伸びたと感じるSectionでも有ります。
TPOの最初の3回分は全文をシャドウイングできるよう繰り返し練習しました。その辺りである程度耳が英語を捕まえられるようになってきましたので、通常通り問題を解いてから全文をもう一度聞くという方法に変更しました。二回聞いても聞き取れない部分は百回聞いても聞き取れない部分(根本的にリスニング力が足りない部分)と判断し、すぐにスクリプトを眺めるようにしていました。
個人の好みによるかと思いますが、私はTPOの一回分(3問×2セット)を連続して解いて、その後1問ずつ復習していました。1問解く毎に復習する方が丁寧ではあるのですが、実際の試験では1問解き終わるとすぐに次の問題が始まるので、持久力をつけるために敢えてこのようなやり方をとっていました。
TPOを10回分ほどこなすと頻出トピックは大体カバーできるかと思いますので、その後は勉強が楽になっていくかと思います。


E4TGに2ヶ月通いました。TPO(28~34の7回分)を使用しました。
残念ながらスコアにはあまり反映されていませんが、E4TGのDonald先生の授業は素晴らしいと思います。Independentでのストーリーの作り方やIntegratedで押さえるべきポイントを習うことができるので、Speakingへの取り組み方が変わってくると思います。
Speakingに関しては会場&設備も重要かと思います。千葉県のとある会場で受験した際はマイクの収音能力が低く、ほぼ全受験者がマイクテスト失敗を繰り返した挙句に、マイクを手で口元に押さえつけながら話す羽目になりました。
なかなか練習が結果に結びつきにくいSectionですが、MBAの場合は一定のスコア(23点or22点)が無いと合計点が良くとも不利になると言われるSectionですので、引き続き勉強してスコアを引き上げたいと思います。


何もやっていません。当初はSpeakingよりも先に手を付ける予定でしたが、何回かTOEFLを受ける中でWritingのスコアが伸びる一方でSpeakingのスコアが低迷していたため、Speakingの学習を優先しました。
IntegratedはAndy先生のテンプレートを使用しました。Listeningが伸びたことで、結果的にIntegrated Writingのスコアも伸びました。
Independentは複雑な表現は避けて簡単な単語や文法を使用する代わりに、ロジックを明確にすることと語数を増やすことを意識していました。500 words位は書いていたかと思います。E4TGの授業の中でSpeaking用に準備していたストーリーを、何度かWritingでも使用しました。


【その他】
資金が許すのであれば、できる限り早めからTOEFLを頻繁に受けた方が良いと思います。現在の状況を都度把握することで、各Sectionの勉強にどのくらいの時間と資金を投入するか調整できるため、効率的にスコア上昇が図れるように感じます。


Andy先生のご指導無くして、この時期での105点到達は有りえなかったと思います。改めて御礼を申し上げます。
引き続きSpeakingを中心に勉強していく予定ですので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

-------------------------------
2016年10月時点での83点から105点を達成されました。Rの満点、L28点、W28点、素晴らしい点数です。特に、Lの改善が大きく高得点に寄与しています。2016年10月時点でのL19点から最近は安定して28点以上がでています。一番時間をかけられ、一番改善を感じたとのこと、本当によく頑張られました。今後のご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2017/02/06 01:28 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Nさんから107点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
11月の勉強会でお世話になりましたNです。

先月受けたTOEFLで107点を出す事ができました。

2016/8 R 26 L 24 S 20 W 21 Total 91
2016/12 R 28 L 25 S 22 W 27 Total 102
2017/1 R 29 L 28 S 23 W 27 Total 107

R: 前回と変わらず3800のLEVEL 3までのみ。

L:detailを聞き逃し点数を下げてしまっていたので、思い切ってメモ取りをやめて聞くことに集中するようにしたところ向上しました(Andy先生の「メモ取りは眠気防止程度」というのはとても理に適っていると思います)。大意は聞き取れているけど点数は伸びないという方におすすめしたいです。

S:E4TGに通って22→23になりました。これもL同様detailを逃さないことが大事だと思いました。あと、他の受験生の話している内容から問題を推測できたので少し余裕がありました。

W:前回と変わらずMichael先生の添削のみ。点数変わらず。

先生の的確なご指導のおかげで3回目の受験で目標としていた105点を超えることが出来ました。ありがとうございました。ただようやくテストに慣れてきた感じもあり、もう少しやり込んでみたい気もしております。感謝の意とともにご報告させていただきます。どうもありがとうございます。
――――――――――――――――――――――――
3回目の受験で107点を達成されました。素晴らしいです。Lの28点が特に素晴らしいいです。メモなしに移行されたことが改善につながったとのこと、上級者の方にお勧めです。Nさんは英語の能力がとても高い生徒さんですが、短期間で集中して猛勉強されました。激務の中、本当によく頑張られました。今後のご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2017/02/02 10:29 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Sさんからトップ校合格のお知らせをいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
東京都のSです。

先日、無事、ジョージタウン大学公共政策大学院McCourt Schoolから合格通知をいただくことができました。
先生にはたくさんのサポートをいただきまして、本当にどうもありがとうございました。
TOEFLは残念ながら点が揃わず100点は超えることができなかったのですが、意中の大学になんとか合格することができ、ホッとしています。

授業は6月からですが、4月に渡米し、現地で学部の語学プログラムに通う予定です。
授業が始まるまでに英語力のさらなる向上に取り組みたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


[タグ未指定]
[ 2017/01/29 18:31 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

初めてのSW30点でした。

1月14日の結果が出ました。

TOEFL117

初めてSとWが両方30点でした。

これで運が良ければ、120点の可能性が、少しだけですが見えてきました。

しかし、運に頼らず、何回受けてもSWとも30点が取れるように、自分の実力を上げなければと思います。

点数を追い求めるな、勉強しろ。

今後とも努力を続けます。

[タグ未指定]
[ 2017/01/25 07:51 ] TOEFL | TB(-) | CM(-)

Nさんから102点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
11月の勉強会でお世話になりましたNです。

先月受けたTOEFLで102点を出す事ができました。
先生の勉強会に参加してから一発で100超え出来ました。
これも的確なご指導の賜物です。

2016/8 R 26 L 24 S 20 W 21 Total 91
2016/12 R 28 L 25 S 22 W 27 Total 102

基本的にはご指導頂いたとおりにTPOリスニング中心にはじめ、時間対効果が良いというWの添削をMichael先生にして頂きました。Sは頂いたテンプレをなぞっただけです。Rは3800までのレベル3までを確実に覚えることに留意しました。
あと数回受けて目標の105点を目指したいと考えております。
感謝の意とともにご報告させていただきます。どうもありがとうございます。
――――――――――――――――――――
11月の勉強会時の91点から1回で102点を獲得されました。全科目で改善していますが、特にWの27点が素晴らしいです。2回受験で100点を超える方は珍しいです。もともとの英語能力、特にLの能力がかなり高い生徒さんです。激務の中、本当によく努力されました。

[タグ未指定]
[ 2017/01/07 17:00 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Aさんから103点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
本年6月12日の講座でお世話になったAと申します。

12月17日に受けたTOEFLで103点(R28 L23 S24 W28)をとりました。
今回が7回目の受験で、71点(R20 L14 S17 W20)からのスタートです。

Andy先生のレクチャーがスコアアップのブレークスルーです。本当にありがとうございました。

以下、私にとってのキーポイントです。
TPOを中心に勉強しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

R
設問と本文両方を、それぞれ左手、右手でなぞりながら早く読む練習をしました。結果、ケアレスミスが劇的に減りました。加えて、Andy先生の、「各パッセージで5秒とまって表題をつける」習慣が文脈把握を容易にし、要約問題に対応しやすくなりました。

L
苦労しています。もっとも大切なのは細く聞くことだと思います。Audipoというアプリを使ったミクロリスニング練習が最も効果的でした。一つのスクリプトを普通スピードで再生し本番さながらに聞く→SpeakingのINTに答えるつもりで要約を口に出して喋ってみる→普通スピードで復習。この際、少しでも聞き取りづらいところはアプリのポイントリピート機能を使用して何回も聞き直し、数え切れないくらい声に出しスムーズに聞こえるレベルまでこだわりました。一連の流れをこなすのに、カンバセーションで30分〜1時間、レクチャー問題で1〜2時間かかりました。骨の折れる作業でしたが、着実に耳が育つのが感じられました。結果、Andy先生が言うミクロ練習とはこれか、と思えるようになりました。点数はまだまだですが、今後もこの方法でリスニング辞書を増やしたいと思います。

S
京橋の学校に通いました。問題によってはAndy先生の方法で対応しました。以前はなんとなく抽象的な難しいことをしゃべろうとする傾向がありましたが、自分の経験に基づいたDetailを話すようになってから、あまりストレスを感じなくなりました。英語でMyStoryを持っておくのは英語圏での実生活にも活かせますし説得力があるので本当に良い方法だと感じます。また、ネイティブの模範解答を左右どちらかの耳で聞きながらかぶせる、あるいはシャドーウィンングして、最終的に抑揚を含めそっくりに発音できるようにするのは良い練習になったように思います。

W
Andy先生の作戦とMichael先生のやり方を中心に練習しました。
INDは書き始める前に日本語混じりで何を書くのか十分にアウトラインを練る習慣を採用してました。その結果、500字を比較的容易に超えるようになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016年6月の勉強会時の71点から103点を獲得されました。すべての科目で大幅な改善をされました。特に、ミクロ練習によって苦手なLを攻略されたことが全体の改善に大きく寄与していると思われます。Sは学校を利用され持ちネタ、発音の改善により24点を獲得されました。W28点は素晴らしい点数です。書く前にしっかりアウトラインを作り、持ちネタを使ってたくさん書くことが高得点につながりました。激務の中、大量の練習、本当にご苦労様でした。今後のご活躍をお祈りします。


[タグ未指定]
[ 2016/12/29 21:44 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Mさんから103点のご報告をいただきました。

Andy様、

9月22日の勉強会に参加させていただきましたMです。
その節はどうもありがとうございました。お蔭さまをもちまして今般、一区切りの103点をとることができましたので、感謝方々ご報告を申し上げます。
R27、L30,S22,W24 合計103
ただ、留学予定先からは109点が求められています(ちょうど先日、条件付き合格通知を受領しました。)ので、年が明けてからも引き続き、勉強を続けたいと思います。


もともと20後半をとれていたので、TPOを時折、行う程度でした。11月に受験したときは30がとれたので、今回のスコアはまだ向上の余地があると思います。


このパートが点数を引き下げていたので、最も力を入れて取り組みました。
TPOをやること並行して、韓国本(ハッカーズ)を行いました。その際、全体の流れを押さえるとともに、音を聴き取ることを重点的に意識し、聴き取れないところはスクリプトで確認し、音を覚えることを徹底しました。
結果、本番でもほぼ聴き取れ、自信をもって選択肢を選ぶことができました。


仕事が忙しくて学校に行く余裕がなかったので、韓国本(ハッカーズ)で独習せざるを得ませんでした。これまでの本番では、時間内に話し終わらないことが多かったので、シンプルに話すことを心がけました。
ただ、今回もQ6で、半分話したところ で時間切れとなってしまったので、ここを改善すればまだもう少しスコアを伸ばせるのではないかと期待しています。


勉強会のときにいただいたマイケル先生の作文集を何度も読み、構造と流れを頭に叩き込みました。その上で、できるだけ毎日、英文を書くように努めました。書いたものは個人的な知り合いのネイティヴにチェックしてもらいました。
Integrateは安定してGoodがとれるようになりましたが、Independentの方はGoodのときもありますがFairになることがも多く(今回もFair)、そのため、24か25でうろうろしています。なので、Independentでブレイクスルーすることが今後の課題であり、これができれば目標点に達することができるのではないかと思っています。

一応区切りと考えていた100点を越えることができました。
これも、ひとえにAndy様から、勉強方法とともに、「王道はなく地道に努力を続けるしかないが、やれば必ずできること」、を伝授いただいたおかげにほかなりません。
まだ目標点まで遠い(ここからがむしろ遠いのかもしれませんが。)ですが、やるべきことははっきりしているので引き続き勉強を続けたいと思います。
―――――――――――――
9月の勉強会時での92点から103点を獲得されました。Lの30点が快挙です。ミクロ練習を徹底的に実施された結果が出ました。Lは本当に改善が難しい時間のかかる科目ですが、後輩の学習者に「やればできる」を教えていただき感謝に堪えません。激務の中、本当にご苦労様でした。さらなる高得点が出ますようお祈りしております。

[タグ未指定]
[ 2016/12/24 01:11 ] TOEFL学習記録 | TB(-) | CM(-)

Tさんから100点のご報告をいただきました。

Andy先生
 
 
ご無沙汰しております。8/28の勉強会に参加したTです。
12/11のTOEFLで100点を獲得できたのでお礼並びにご報告をさせて頂きます。
 
過去の推移は以下の通りです。
8/6 R:29, L:22, S:18, W:18, TOTAL:87
8/20 R:21, L:19, S:19, W:21, TOTAL:80
8/28 勉強会参加
9/25 R:29, L:23, S:20, W:26, TOTAL:97
10/15 R:29, L:17, S:19, W:21, TOTAL:86
10/29 R:26, L:22, S:20, W:25, TOTAL:93
11/12 R:29, L:23, S:22, W:25, TOTAL:99 (Re-score S:20=>22)
11/26 R:29, L:23, S:23, W:21, TOTAL:96
12/11 R:29, L:26, S:19, W:26, TOTAL:100
 
海外経験なしの状態で7月から勉強開始、9月に97を取得といいペースだったものの、その後は多少の安堵感とエッセイなど他の出願作業への時間捻出から、
TOEFL対策に使える時間も減ってしまい、100を達成する迄に随分時間がかかってしまいました。
それでもなんとか年内に目標を達成できましたので、簡単に私なりの勉強法を記載します。
なお、7月の勉強開始時点でTOEICのハイスコアは930でした。
 
・Reading
最も得意でした。
勉強開始後すぐに単語に手をつけ、8月中旬までに3800のRank 3をほぼマスターしました。
当初はRank 2で2-3割、Rank 3では半分くらいは意味が出てこない単語でした。
制限時間は「油断すると間に合わない」というくらいの感覚で、常に一問に時間をかけすぎないように注意していました。
実際の試験を受けつつ、TPO5セット分くらいで問題への慣れと試験時間感覚を身に付けました。
 
・Listening
最も苦労しました。
私の場合、ほぼ「TOTAL100の壁=Listening25の壁」だったと感じます。
やったことは、勉強会後からできるだけ毎日TPO1題を解き、スクリプトを見ながら聞き取れなかったところを確認、翌日の通勤中にリスニングで復習という流れを続けました。
今年出願のため、途中からはエッセイ等でスキップする日も多くなり、TPO自体は結局半分も終わりませんでした。
もう少し毎日の時間をかけられればと反省しています。
点数へはなかなか直結しなかったものの、それでもリスニング力自体は徐々に付いていたと思います。
 
・Speaking
京橋の塾に2ヶ月通いました。
塾の効果は当初あまり出ず、今考えるとストラテジーに頼りすぎてアウトプットの練習が少なかったことが要因だと思います。
通塾を終えて11月からスカイプ英会話を開始してストラテジーにアウトプット訓練が加わったことで、Speakingで23まで伸びました。
直近のTOEFLではSpeaking19でしたが、もう少し取れた感触はあるのでRe-scoreすれば伸びる可能性は大いにある気はしています。
Speaking以外はハイスコアを揃えられたのでこれが心残りですが、出願締切との兼ね合いもあるのでこのまま出願に使おうと思います。
 
・Writing
勉強会に参加後の2週間でMichael先生に10数回分、Independentを添削してもらいました。
どう書けばGoodを取れるかが大体掴めたので、Writing25程度のスコアメイクを行う上でこの経験はかなり重要だったと思います。
28以上取るにはより洗練された表現の習得が必要だと認識していますが、そこまで手が回りませんでした。
Integratedは自分なりにアレンジしたテンプレートを使用することで9月以降の6回中4回でGoodを取れました。
IndependentはIntroductionとConclusionの一部のみにテンプレート使用を留め、Body Paragraphはできるだけテンプレートや事前準備したネタを使わず、内容のデベロップメントに努めました。
ただ、実際の試験では時間がタイトで、ワード数はせいぜい350-400程度で内容も単なる個人的経験を2つ羅列する程度で十分デベロップできないことも多く、結局Goodは9月以降の6回中2回のみでした。
Michael先生とのやり取りを通じて、45分程度時間があればほぼ確実にGoodを取れる自信はあるので、単純に練習量が足りなかったと言えます。
個人的にSpeakingに比べるとWritingのスコアは自分の手応え通りだったことが多いです。
 
最後になりましたが、タイトな留学準備期間の中で、TOEFL100までの最短距離に近いと思える勉強法を実践できたのは、Andy先生の授業に参加したことが非常に大きかったと思います。
ありがとうございました。
―――――――――――――――――――
得意なRで安定して29点が出ています。苦労されたLでの26点は立派です。Wの26点も高得点です。Sについては学校のほかにスカイプ英会話で練習量を確保された点が素晴らしいです。激務の中、本当にご苦労様でした。トップ校への合格、今後のご活躍をお祈りします。

[タグ未指定]
[ 2016/12/24 00:57 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Sさんから100点のご報告をいただきました。

Andy様

ご無沙汰しております。3月の勉強会に参加させていただいたSです。時間がかかってしまいましたが、12月11日に受験した試験で100点(R27、L26、S20、W27)を取ることができましたので、ご報告いたします。

【Reading】
- TPOを3分の2くらいやりました。勉強時間を取ることが難しい時期でも、少なくともTOEFL本番の前の1週間には1日1~2パッセージをやり、「1パラグラフ毎に頭の中でまとめ」ながら解く感覚をキープしました。
- 単語帳は3800のRANK3を中心に回しました。また、単語帳が苦手だったので、TPOのRやLのスクリプトを復習する中でなるべく分からない単語をその都度覚えるようにしました。

【Listening】
- TPOを1周しました。David Choも購入しましたが、恥ずかしながらそこまで手が回りませんでした。
- 休日を含め移動時間にはTPOをAndy様に教えていただいたアプリで1.2倍で聞いていました。

【Speaking】
- E4TGに1ヶ月通いました。複数の型を作成して身につけることができるので、通って良かったと思います。

【Writing】
- IntegratedはAndy様の授業で教えていただいたテンプレをマスターすればGoodは簡単に取れました。
- 反対にIndependentは苦労しましたが、マイケル先生の添削に数回出し、essayの基本的な構造等を学ぶことが出来ました。その上で、E4TGでSpeakingの型を作成したことによる相乗効果で文字数も書けるようになったあたりから高得点が出るようになりました。
- Writingは文字数を稼ぐことと文法ミスをしないことが大切だと思います。Speakingの型で使うような単純な文章でとにかく量を書くことを意識したら20点後半が出るようになりました。

勉強会後比較的すぐに90点台が出て油断してしまったこと、忙しさにかまけてしまったことで少し時間がかかってしまいましたが、何とか出願直前(まさにlast minutesという感じです)に100点を出すことができました。1つのセクションで点数が出れば他がへこんでという感じで足踏みして苦しい時期が続きましたが、諦めずに勉強して良かったです。

数点は伸び幅があるはずなので、1月も受験は続けようと思います。ご指導いただきどうもありがとうございました。
――――――――――――
3月の勉強会時の84点から100点を達成されました。TPOでRLを強化されたこと、Sは学校、Wは添削、持ちネタの利用で量を書くこと、ミスを少なくするこで高得点を獲得されました。特にLのTPOを1周されたことがRLSWのすべての改善に寄与したと思われます。激務の中、本当にご苦労様でした。

[タグ未指定]
[ 2016/12/21 11:38 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Andy

Author:Andy
プロフィール:

TOEIC 990点
英検1級合格二次試験100点(優秀賞)
TOEFL iBT 119点(2015年7月11日、2年間有効)

名前:Andy
年齢:59歳
学歴:University of Missouri at Rolla 工学部原子力工学科卒業
職業:技術系の通訳を30年以上やっています。

仕事柄、欧米人と仕事をすることが多く、Andyというニックネームを使っています。
北陸の田舎に住んでいます。毎週、北陸新幹線にお世話になっています。
コシヒカリを食べて育った純粋な日本人です。
韓国語、中国語は全くできません。

毎月TOEFLを受験しています。
好きな会場はソラシティの7番教室です。

最新トラックバック
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧