TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

Mさんから100点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。昨年8月6日の勉強会に参加させていただきましたMです。
お陰様で、先日の試験でなんとか100点を取ることができました。
今後も受験を続ける予定でおりますが、御礼も兼ねて一旦ご報告させていただきたく思い、ご連絡させていただきました。

勉強会前後の得点の推移:

2017/7/22  Total 69 (R18 L15 S17 W19)
2017/8/6 勉強会参加
2017/9/17  Total 81 (R23 L22 S17 W19)
2017/11/26 Total 90 (R24 L30 S15 W21)
2018/2/4  Total 85 (R22 L22 S19 W22)
2018/3/10  Total 99 (R26 L28 S20 W25)
2018/4/10  Total 90 (R25 L22 S22 W21)
2018/5/12  Total 93 (R27 L24 S20 W22)
2018/5/26  Total 100 (R26 L28 S22 W24)


単語:
mikanというアプリで3800本のRank2とRank3をダウンロードし、通勤時間中に解いています。

Reading:
当初はリスニングの時間を取るのに精一杯で、リーディングは単語の勉強しかできていませんでした。このままではリーディングの点を上げることができないと思い、今年の2月頃からは、平日に1日1題ずつTPOを解くようにしています。まだまだ改善の余地があるように思いますが、コツコツ勉強をした甲斐があり、読むスピードは徐々に上がってきたように思います。

Listening: 
教材としては、TPOしか使っていません。最初はリスニングで15点しか取れずショックだったので、Andy先生の勉強会に参加してからは、
・週末にTPOのリスニングを1セット解いて、スクリプトを読みながら聞き直し&解き直して反省
・平日は通勤時間に1日1問聞いて、帰宅後にスクリプトを読みながら聞き直し&解き直して反省
と回し、合計で週2セットTPOをこなしていました。現在は、週末にTPOを1セット解いて、それを平日に1問ずつ復習するようにしています。未だに問題の難易によりリスニングの点数が落ちることもあるのですが、Andy先生の仰っていたとおり、リスニングの改善がスピーキングとライティングの底上げにも繋がっていると思います。

Speaking:
今年の年明けからE4TGに5か月ほど通い、そこで学んだメソッドをレアジョブで実践するようにしていました。
レアジョブは、英語を話す習慣づけをしたい方や、問題数をこなしたい方には低価格でオススメなのですが、講師により教え方や質にばらつきがあるように思います。
E4TGの講師は、日本人が犯しがちなミスや癖を熟知しており、的確なフィードバックをしてくれます。私は特にintegratedが苦手だったのですが、問題演習を通じてどこを押さえれば点を取ることができるかというポイントを教えてくれるので、徐々に点が取れるようになってきました。また、復習用の教材として、過去の優秀な受講生の解答が入ったCDをもらえるのですが、話すスピードが速くたくさんの情報を盛り込める人、話すスピードはゆっくりでも要点を確実に押さえて話すことができている人など、さまざまなサンプルが収録されており、大変参考になりました。

Writing:
今年の2月頃まではほぼ手つかずの状態だったのですが、2月以降は、韓国本やAndy先生に教えていただいたサンプルを読んで解答のイメージを作ることを心がけています。
integratedでは、なるべく多くの情報を解答に盛り込むようにしたところ、goodを取れるようになってきました。おそらく、リスニングの力が上がってきて、レクチャーの内容を聞き取れるようになったことが影響しているのではないかと思います。
independentはまだまだ弱いので、5月に入ってから、ようやくMichael先生の添削サービスを利用して書く練習をするようになりました。書くスピードが遅く、お題によっては300語に満たないこともあるので、これからはE4TG(とその復習)に費やしていた時間の一部をライティングの時間に充て、練習量を増やしたいと思います。
Andy先生から、早い段階でリスニングの重要性とその対策を教えていただいたお陰で、迷いなく、かつ、効率よく勉強することができました。本当にありがとうございます。

自分の点数の変遷を見ても、現状はリスニングの点に頼っているところが大きく、まだまだ点数が安定していないように思いますので、これからはリーディングとライティングのさらなる底上げを目指したいと思います。
またご相談させていただくこともあるかと思いますが、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
----------------------------------------
激務の中、本当にご苦労様でした。地道に毎日努力されました。Lを辛抱強く練習され全体の底上げをされています。日々の細切れ時間を有効に使って練習されました。当方の勉強方針を信じて忠実に実行していただいたことに感謝します。更なる高得点にむけて今しばらく勉強を継続していただきたいと思います。Mさんのご健康と今後ますますのご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2018/06/12 00:50 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

勉強会の案内と予定

TOEFL100点以上を目指す社会人の方のための集中勉強会のご案内です。現在60点以上の方が対象ですが、70点以上取られてからの受講が望ましいです。

過去の参加者はMBA、LLM、MPP, MPH, 博士課程、等を目指すトップ企業、省庁、弁護士、裁判官、医師の方々です。年間約250名のご参加をいただいていますので、首都圏にお住いのMBA/LLM志願者の大半のご参加をいただいています。

2014年度: 256名(企業193、弁護士・裁判官32、中央省庁27、医師9)
2015年度: 260名(企業167、弁護士・裁判官42、中央省庁38、医師10)
2016年度: 255名(企業155、弁護士・裁判官52、中央省庁42、医師6)
2017年度: 236名(企業158、弁護士・裁判官40、中央省庁31、医師7)

勉強会ではTOEFL100点越えのための一つの効率的な勉強方法をご紹介します。また、関連資料・情報を提供します。過去に多くの先輩がこの道を通って成功していますので、ほぼ確立された方法論になっています。

この勉強会の受講後、この方法論に従って独学できますのでTOEFLに関しての出費を最小限に抑えることができます。

一回の受講で、100点までの道のりが明確に見えるようになりますので、安心してその後の勉強を実施することができます。

ただし、勉強会に出て魔法のように点数が短期間で改善することは期待できません。過去に例外的にそのような生徒さんもいますが、地道に3か月~1年ほどListeningを中心に勉強していただく必要があります。

現在60点台、70点台の方は6か月~1年程度の勉強期間が必要ですので、60点(できれば70点)超えたらすぐに受講をご検討ください。80、90点から100点に苦労されている方もお力になれると思うので受講をご検討ください。

仕事が忙しく定期的に学校に通えない方、遠方にお住まいで近くに良い学校がない方、独学される方はこの勉強会の受講を特に強くお勧めします。激務で勉強時間が取れない方、ご検討ください。歩むべき登山道をお教えしますので、一歩一歩着実に頂上まで登ってください。

沖縄、九州、北海道からもご参加いただいています。1回のご参加ですべて終了します。日曜日の勉強会であれば、土曜日に東京にお泊り頂き、日曜日羽田空港発最終便をご予約下さい。ホテルは東急ステイ目黒祐天寺がお勧めです。

この勉強会の参加者は、先輩・同僚からのご紹介を受けて参加される方がほとんどです。身近に過去に勉強会に参加された先輩・同僚がおられたら「Andyさんの勉強会どうでしょうか?」と聞いてみてください。近くにそのような先輩・同僚がいない場合は、このブログを読んで参加を検討することになりますが、過去の先輩方の高得点報告メールを読んていただいて感触をつかんでいただければと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーー
講師のプロフィール:
TOEFL勉強会:個人でやっている塾です、法人ではありません。
講師の名前:Andy 
年齢:60歳
学歴:University of Missouri at Rolla 工学部原子力工学科卒業
職業:技術系の通訳を30年以上やっています。
TOEIC 990点
英検1級合格二次試験100点(優秀賞)
TOEFL iBT 119点 R30 L29 S30 W30 (2017/11/4)
「119点2回目

通訳業務では、欧米人と仕事をすることが多く、Andyというニックネームを使っています。
日本人です。外人、ハーフではありません。
北陸富山の田舎に住んでいます。毎週、北陸新幹線にお世話になっています。
毎月TOEFLを受験しています。ソラシティ、武蔵小杉がお勧めの会場です。
-------------------------
参加条件:

TOEFLの点数60点(できれば70点)以上の社会人の方。未受験の方は参加できません。受験されて60点以上を取得ください。結果が出た後、申し込みしてください。結果が出ていない方の申し込みは例外なく受け付けません。60点未達の方は、3800本のRank3までの暗記、WebtoeflのRL基礎講座の受講をお勧めします。

以下の方のご参加をご遠慮いただいています。ご理解をお願いいたします。
(a) 学生(学部・大学院)の方、ご参加いただけません。
(b) 同業者(TOEFLの講師、留学コンサルタント、英語塾の講師)の方、ご参加いただけません。
(c) 英語マニアの方、趣味で英語能力の向上を目指している方、ご参加いただけません。

具体的な留学予定がない方も、時間とお金が無駄になりますので、決意を固めてからご参加ください。
ーーーーーーーーーーーーーーー

東京での定例勉強会のご案内
各クラスの定員は6名。9:10~18:00頃 授業時間8時間の勉強会です。
昼食は全員でレストランに行きます。昼食代不要。受講料に含まれています。
以下の3つが主な講義内容です。
(a) 100点取るための効率的な勉強方法の説明
(b) RLSWの練習 (R:1パッセージ、L:1パッセージ、S:6問、W:複合・独立作文の書き方の説明)
(c) 各種情報の提供

最小開催人数は3名です。これに満たない場合は勉強会の2日前の午後3時頃に参加希望者に連絡し、後日の勉強会へのご参加をお願いすることがあります。 残席が3名以下となっている勉強会、または「実施確定」の記載がある勉強会は開催が決定しています。実施確定の場合は、お一人でも実施されます。

------------------------------
料金:
(1) 勉強会受講料 64800円 
(2) 問題演習ソフト 7560円 

合計 72360円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催予定:

6月24(日)通常勉強会 9:10集合18:00くらいまで(残席3名、6月23日22時締切) 実施確定
中央町社会教育館 地下一階 #5会議室
目黒区中央町二丁目4番18号(中央町さくらプラザ地下1階)
東急東横線 祐天寺駅(各駅停車に乗ってください、急行・特急は停車しません)下車 徒歩15分、タクシー5分、中華レストラン 平和軒さんの前です。東急バスが便利。渋谷駅前71系もしは目黒駅前06系統に乗り、水道局目黒営業所前下車 徒歩1分。9:10分集合ですので、時間厳守でお願いします。8:55分ごろから入室できますので、お早目にお越しください。


7月の予定は6月末に発表します。





--------------------------------
東京での定例勉強会の申し込み方法:

gmailアドレスにて以下の申し込みをお願いします。お手数ですが、gmailアドレスをお持ちでない方は取得ください。gmail以外のメールアドレスを使われますとメールが届かないトラブルが発生していますので、必ずgmailをお使いください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
申込連絡先:
andytabirakitoefl@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下のテンプレートに必要情報を記載ください。不要な説明部分は消去していただいて結構です。開示したくない情報(会社名、年齢など)がある場合は記載不要です。匿名・偽名でのご参加も可能です。

メールの件名を  ?月?日勉強会参加希望  としてください。

Andy 様
下記の通り申し込み致します。

勉強会希望日:?月?日
名前:山田太郎(やまだ たろう)
年齢:30歳
会社名・省庁名:山田商事株式会社、○○省
目的:MBA, LLM, MPP, MPH, 博士課程
社費(予定、決定)、公費(予定、決定)、自費
出願時期:2018年度出願2019年留学, 2019年度出願2020年留学
過去3回の点数:
R20 L15 S16 W18 計69 その前
R24 L17 S18 W22 計81 前々回
R26 L25 S20 W21 計92 前回
TOEFL iBT受験回数:7回
英語圏長期(1年以上)留学・就学経験:なし。米国現地校3年(10-13歳)、米国大学1年(19-20歳)、香港インター2年(17-18歳) (海外駐在経験、短期留学の記載は不要です。)
どこでこの勉強会のことを知ったか:友人・同僚・先輩・Web
受講済(受講中)のTOEFL学校・講座:なし。E○○G(2か月終了)、アゴス(RLSW受講中、終了)、Webtoefl(RLSW受講中、終了) (ネット会話、英会話学校などの記載は不要です。)
ーーーーーーーーーーーー
指定教材の購入希望: 問題演習ソフト 要・不要。
問題演習ソフト(1-55)(Windows, MACで使えます) 7560円: (このソフトで3~12か月程度勉強していただくことになりますのでお持ちでない方は必ず購入してください。勉強会当日、USBメモリー経由でPCにインストールします。)
ーーーーーーーーーーーーー
領収書 要・不要
宛名:個人名、会社名(山田商事株式会社)
但書:TOEFL集中講座受講料、英語研修費用、その他(記入ください)
(領収書は勉強会の当日お渡しします。発行日付は勉強会の日付になります。)
ーーーーーーーーーーーーーーー
以上、よろしくお願いします。
山田太郎





----------------------------
その後の手順:
(1)料金の振り込み案内メールをお送りします。
(2)振り込み完了のメールをお送りください。残席が少ない場合は、振込完了のメールをいただいた時点ですでに満席になっていることがあります。この場合は次週以降の勉強会へのご案内になることがあります。ご理解をお願いいたします。
(3)正式登録のメールをお送りします。
-------------------------------
キャンセルの取扱について:
登録後キャンセルされる場合は以下のルールに従って、キャンセル料が発生します。
勉強会の3日前までにキャンセル、日程変更をお知らせいただいた場合は、キャンセル料は発生しません。例えば、1月18日の勉強会であれば、1月15日(23時59分)までに御連絡をいただければキャンセル料は発生しませんが、1月16日(00時01分)にご連絡いただくとキャンセル料10000円が発生します。前日(1月17日00時01分)以降にご連絡の場合は64800円全額がキャンセル料となります。
キャンセルされその後、受講されない場合:
キャンセル料が10,000円の場合は、残金の54800円を返金します。キャンセル料が64800円の場合の返金はありません。教材費は返金します。
別の日の勉強会に参加される場合:キャンセル料が10,000円の場合は、10000円の振込が必要です。キャンセル料が64800円の場合は、64800円の振込が必要になります。
直前に申し込まれた場合も、上記のキャンセルの通知タイミングで、キャンセル料金が発生します。
ーーーーーーーーーーーーー
参加者の方へ:
当日持参いただくもの:

PC(ワードとエクセルが必要。) + ACアダプター
ノート、筆記用具
イアフォン(Listening練習時に使います。)

御自分のPCを必ずご持参ください。 ワードとエクセルが必要。終日PCを使いますので、ACアダプターもお持ちください。
USBメモリーから問題演習ソフトをPCにインストールした後、当日お渡しするパスワードをオンラインの状態で入れていただきます。
パスワードは一台のPCのみ有効ですので、今後の勉強に使うPCをご持参ください。
また、パスワードをオンラインの状態で入れる必要がありますので無線でネット接続可能なPCをご持参ください。
当方でPocket Wi-Fiを用意します。
USBメモリーで大量の情報を提供しますのでUSBが使えるパソコンが必要です。(USBスロットがないPCの方は、アダプターが必要です。)
問題演習ソフト+他の情報の容量は最大で10ギガバイトです。PCのメモリーが少ない場合は、ソフトがインストールできない場合があります。

USBメモリーは当方で用意しますので、ご持参いただく必要はありません。
夏の時期はエアコンが寒いことがありますので、上着をご持参ください。

------------------------------------------------------
勉強会の会場情報については当方のブログでご確認ください。
東横線祐天寺駅,または都立大学駅を利用される方は、急行、特急が停車しませんので、各駅停車にお乗りください。急行・特急に乗られて遅刻される方が結構います。9:10分集合ですので、時間厳守でお願いします。8:55分ごろから入室できますので、お早目にお越しください。

当日、羽田空港からお帰りになる方は、最終便をご予約下さい。

-----ーーーーーーーーーー
高得点者の寄稿のお願い。

勉強会に参加され、100点以上を獲得された方は、ご報告をいただけませんでしょうか。
その際、RLSWの各教科について、有効だった勉強方法をお知らせいただくとありがたいです。
現在勉強中の学習者の大きな励みになります。
当方のコメントを追加した後、ブログに掲載させていただきます。(お名前はイニシャルを使って掲載します。)
ご協力をいただければ幸いです。
よろしくお願いします。
Andy


テンプレート:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勉強会前後の得点の推移:
2016/7/12 Total 80 (R25 L19 S15 W21)
2016/9/12 Total 91 (R28 L23 S18 W22)
2016/12/21 Total 96 (R30 L26 S18 W22)
2017/01/10  勉強会参加
2017/01/25  Total 97 (R30 L24 S18 W25)
2017/02/20  Total 103 (R30 L26 S22 W26)

単語:
3800本のRank3まで徹底的にやった。
Reading:
TPOの100パッセージをやった。段落ごとに要点をまとめる読み方を意識した。
Listening: 
苦労したがTPOの300パッセージをミクロ練習した。
Speaking:
学校に2か月、追加でTPOで練習量を確保した。
Writing:
17回+30回を書いて、すべて添削に出し、文法のミスについては間違いリストを作った。持ちネタを作り、本番ですぐ書きたいことが思い浮かぶようにした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー









[タグ未指定]
[ 2018/06/09 12:52 ] TOEFL | TB(-) | CM(-)

ミクロ練習と間違った問題の反省

Lでなかなか点数が伸びない生徒さんは多いと思います。
問題を解くだけではだめです。復習(ミクロ練習)をしっかりやっていただいて、昨日までは聞けなかったが今日は聞ける文章を一つずつ頭の中に蓄積してください。300パッセージやっていただくとかなりの文章が蓄積されますので、リスニングの地力がつきます。ミクロ練習はソフトの中でスクリプトを表示させ、音源再生してやることが可能です。また、パッセージのスクリプトを印刷して、MP3の音源をAudipoなどの耳コピアプリで聞く方法もあります。どちらにしても、聞こえない文章をしつこいくらい再生していただいて頭に浸透させてください。300パッセージやるのに最低で半年かかります。近道はありません。スクリプトを印刷してやりたい方のために、Lの印刷用のスクリプト、MP3(1~52まで、ほぼ抜けなく全部あります)を用意しました。

また、RLの問題を解いた後の間違えた問題の反省がとても大切です。例えば、Rの最後のサマリー問題は選び方にコツ(各段落のmajorなポイントが正解、minor情報は正解にならない。)が必要です。LのLectureの最初の問題(このパッセージは何についてですか?)も選択肢の選び方にコツがあります。広すぎてもダメ、狭すぎる選択肢もだめ。ちょうどいい具合の選択肢を選ぶ必要があります。このような問題で間違えたら必ず解答解説を読んでなぜ間違えたか反省してください。反省しないと、また同じミスを繰り返すことになります。各問題の解答解説の英語の部分を読んでいただいて正解の根拠を理解してください。残念ながら、解答解説はコピペができないので中国語の部分を翻訳できません。別の先生の解説ですが、別途ワードとpdf版の解答集を用意しましたので、こちらをコピペして翻訳サイト(Google翻訳など)で英語(中国語は英語に翻訳すると分かりやすい)に直して、解説の内容を理解してください。

(1)Lの印刷用のスクリプト、MP3(1~52)
(2)RL解答解説集

勉強会に参加された方で、上記のファイルをご希望のかたは、お気軽にメールください。
ご挨拶は不要ですので、(1)のみ希望、(2)のみ希望、(1)(2)両方希望 と一行書いてください。
Gドライブから共有しますので、gmailのアドレスをお知らせください。

Andy

[タグ未指定]
[ 2018/06/09 12:52 ] TOEFL学習記録 | TB(-) | CM(-)

Kさんから109点のご報告をいただきました。

Andy先生


お世話になっております。
4月12日の勉強会に参加いたしましたKです。この度100点を超えることができましたのでご報告いたします。
あと数回受験してSpeakingの点数を改善し、秋の出願に備えたいと思います。

この度は大変お世話になりました。

勉強会前後の得点の推移:
10年以上前  確か102,3点

2016/冬    Total 94 (R26 L28 S19 W21) 一切勉強せずにお試し受験。
2018/04/22  勉強会参加
2018/05/12  Total 97 (R27 L30 S22 W18)
2017/05/26  Total 109 (R29 L30 S22 W28)

単語:
3800本のLv.3まで暗記。暗記の際にも、勉強会でいただいたエクセル資料が非常に役にたちました。エクセルがなければ暗記が間に合いませんでした。

Reading:
勉強会でいただいた過去問を30パッセージほど。段落ごとに要点をまとめる読み方を意識したことにより、苦手だったQ.14が回答しやすくなりました。
また試験では2回ともダミーパッセージを含めた80分間でしたので、集中力を維持することが非常に大変でした。
リーディングに関しても、問題に当たり・はずれがあると思いますので、複数回の受験は必須と感じました。2回目のテストは非常に簡単に読むことができました。


Listening: 
海外経験があるため特段対応していません。ただどういう問題がでるか、どこを注意深く聞くべきかについてはAndyさんのアドバイスが参考になりました。

Speaking:
HackersのSpeakingを1周しました。正直ほとんど対応できていないので、あと1、2回受験し、Speakingの点数を改善したいと思います。


Writing:
Integrated:Hackers Writingを1周しました。Andyさんに教わったノートの取り方は非常に役に立ち、またテンプレを用いることでだいぶ楽に書けるようになりました。Integratedは2回のテストで300文字以上書くことができ、どちらもGoodを取ることができました。

Independent:Andyさんのアドバイスに従い、15エッセイほど執筆し、半分程度をご紹介いただいたネイティブに添削をお願いしました。1回目のテストでは500文字以上書きましたがLimitedを取り、大きく点数が下がりました。理由は自身の持ちネタに持っていくために、テーマから少しそれたエッセイの内容になったためだと推測しています。2回目では無理に持ちネタを使うことなく対応しました。短い時間で考えなくてはいけないため、エッセイの内容・英語のレベルはそこまで高くなかったと思いますが、例で用いる実体験を事細かに書くことにより文字数をかせぎ、500文字以上書ききりGoodを取ることができました。

総評:
過去(10年以上前)に100点を取ったことがあるため、遅かれ早かれ100点以上は取ることができると思っていましたが、まさか2回目で目標点(110点)に近い点数が出せるとは思いませんでした。
勉強会で問題傾向や対策を学ぶことができ、目標点までの道筋が明確になったためだと思います。短い期間で点数を取るためには、Andy先生の勉強会のような勉強方法と試験対策を教えていただける機会が非常に大切だと痛感いたしました。
また1回目のテストで点数が出なかったことで焦りましたが、やはりTOEFLは複数回受験して点数をそろえるものだと感じました。

あと数回受験する予定ですが、引き続き教えていただいた点を意識しながら取り組んでまいります。
----------------------------------------
帰国子女の方ですが、勉強会を利用されて短期間で目標点を獲得されました。TOEFLは準備しないとネイティブの方が受験されても高得点できない試験です。短期間で目標を達成するにはそれなりの準備が必要です。例えば、KさんはWで複合17回、独立15回+添削を実施され28点取られています。勉強会で、最低何を準備すれば何点取れるか説明しましたので、忠実に実行していただき感謝します。トップ校への合格、今後のご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2018/06/06 09:41 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Hさんから102点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
先日の試験で無事100点を超えたのでご報告させていただきます。

2017/08/12  Total 84 (R23 L22 S18 W21)
2017/09/10  勉強会参加
2017/11/25  Total 90 (R25 L26 S18 W21)
2018/05/26  Total 102 (R28 L27 S19 W28)

単語:
『TOEFLテスト英単語3800』のRank1~Rank3をやりこみました。
2週間ほど集中的に単語を詰め込んだ後は、月1回程度の知識のメンテナンスをしました。
Reading:
TPO100パッセージを解きました。
パッセージに出てきた知らない単語や問題を間違えた理由をExcelにまとめながら進めました。
Listening: 
TPO300パッセージを解き、解いた後はミクロ練習しました。
パッセージに出てきた知らない単語や問題を間違えた理由をExcelにまとめながら進めました。
Speaking:
2017年10月から3か月間、京橋の学校に通いました。
しかし、2018年2月以降はほとんど英語を話す機会がなかったため、5月の試験では京橋の学校で学んだ成果を発揮できませんでした。ただ、Strategy自体は3ヶ月間で身についているので、オンライン英会話などで英語を話す機会を作って英語で話す瞬発力を戻せば、さらなる点の向上が見込めると考えています。
Writing:
京橋の学校のWritingコースを3ヶ月、Michael先生の添削をINT5回+IND33回受けました。
INTはAndy先生からいただいたテンプレートを活用すること、INDは添削・添削の復習の過程で書けるネタを蓄積していくことが大事だと思います。
最後に
学生時代真面目に英語を勉強した経験がない私でも、無事over100が取れたのは、ひとえにAndy先生から言われたことを諦めず続けた結果です。
2017年9月の勉強会参加後から同年11月まで自分としては非常に勉強したつもりだったのですが、TOEFLの点数が期待していたよりは向上せず正直やる気を失った時期もありました(同年11月以降半年ほどTOEFLを受けていなかったのはそのためです)。しかし、Andy先生のブログの高得点者の寄稿を読むことでなんとかモチベーションを維持し、ここまで来ることができました。
引き続き勉強を続けさらなる高得点を目指します。
-------------------------------------------------
単語ランク3、R100, L300, W:INT5回+IND33回添削。勉強会のストラティジーをすべて実施されました。特に、Wの練習量を確保され28点取られたことが高得点につながりました。途中で挫折も経験されましたが、勉強会の方法論を信じて最後まで努力いただき感謝します。激務の中、本当にご苦労様でした。今後のご活躍を祈念します。

[タグ未指定]
[ 2018/06/06 09:17 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Hさんから104点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
昨年4月の勉強会に参加させていただいたHです。
長い道のりでしたが、先日のTOEFLで100点を超えましたのでご報告いたします。


勉強会前後の得点の推移:
2017/03/11 Total 74 (R22 L21 S15 W16)
2017/04/02  勉強会参加
2017/08/12  Total 84 (R24 L25 S15 W20)
2017/11/12  Total 85 (R23 L20 S19 W23)
2017/12/17  Total 88 (R29 L19 S18 W22)
2018/01/06  Total 92 (R27 L20 S20 W25)
2018/02/10  Total 95 (R29 L23 S20 W23)
2018/04/21  Total 96 (R28 L22 S19 W27)

2018/05/12  Total 104 (R28 L27 S23 W26)

Reading:
3800本のRank3までをアプリを使って記憶した以外、特に対策はしませんでしたが、
本番では段落ごとに要点をまとめる読み方を意識しました。
Listening: 
TPOの100パッセージをミクロ練習しました。
全ての音を確実に聞き取れるようになることを意識しました。
Speaking:
京橋の学校に2か月通いました。
話す内容が合っていることはもちろんですが、淀みなく話すこともスコアアップには重要と感じました。
Writing:
Integratedではテンプレートを確実に使えるようにし、添削には出しませんでしたが、Hackersの問題を4問解きました。IntegratedではHackersの問題を4問解き、Michael先生の添削に出し、本番で同じミスをしないようにしました。


以上の通り、先生にご教示いただいた勉強方法を実践しました。
引き続きスコアアップを目指して頑張ります。
----------------------------------------------
勉強会のストラティジーを忠実に実行され90点半ばから一挙に104点を獲得されました。激務の中、本当にご苦労様でした。104点は素晴らしい点数です。トップ校を狙ってください。

[タグ未指定]
[ 2018/06/03 00:54 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Sさんから103点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。
2月18日に先生の勉強会に参加して以来、先生のアドバイス通りにTPOを使用してリスニングを中心にTOEFL対策を続けてきましたが、
先日受験したTOEFLで100点を超えましたのでご報告いたします。

2/10 88 (R27、L20、S17、W24)
2/18 勉強会参加
3/11 89(R26、L21、S18、W24)
4/15 95(R30、L25、S18、W22)
5/12 103(R30、L29、S19、W25)

先生に教わったことを信じて継続してきましたが、TPOで100問近くリスニングを解いた頃からブレイクスルーがあったように感じます。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

以下、今後の受講生の参考になればと思い、学習状況の推移を共有いたします。

【リーディング】
英単語3800をRANK3まで2周ほどざっと見て、先生にいただいたエクセルファイルに知らない単語だけフラグを立てて管理していました。
あとは例文と類義語対義語をGoogleの辞書サービスから拾って、Quizletという単語帳Webサービスで単語帳を作成して携帯で通勤時間に聞いていました。
あとはYoutubeで英語圏の中学生や高校生が見るような生物や考古学の分かりやすい動画を見て、専門用語をイメージで覚えられるようにしました(これが一番楽しかったです)

実際の読解に関しては毎日TPOで1問解くようにして読むスピードが遅くならないように気を付けていました。

【リスニング】
TPOで毎日できる限りリスニングの問題を解き続けました。解いた後は、聞こえなかった個所をスクリプトを見て、メモしたあとに何度か聞きなおすという復習を全ての問題で行いました。

TPOで初めは20点弱を取り続けていたのですが、80問(TPO13とか14)くらい解いたころに急に音を鮮明に聞き取れるようになり、以降は25点くらいに水準が上がりました。不思議です。

上記に加えてYoutubeでアメリカ英語の発音に関する動画をたくさん見ていました。自分が意識していなかった音や縮約された音など多くの学びがあったように思います。

【スピーキング】
本当はE4TGに通うべきなのでしょうが、時間がとれず通えませんでしたし、特段勉強時間も取れなかったのでほとんど点数は変わりませんでした。
今後注力していきたいと思っています。

【ライティング】
Integratedでは、先生にいただいたテンプレートをまずはしっかりと暗記して3分程度で書けるようにしました。
Independentについては、トピック数個を自分で書いてみたものの、添削してやり直すといったところまでできず、大きくは点数は上がりませんでした。
ここも今後注力していきたいと思っています。

長くなりましたが、勉強方法は間違ってなかったと感じています。
本当にありがとうございました。
―――――――――――――――――――――
TPOを有効に利用され短期間(3か月)でR30点、L29点を獲得されています。Lのミクロ練習を継続され、確実に25点以上が取れる自信がつき、今回の29点につながりました。SWに改善代がありますので、110点を狙ってください。良い知らせをお待ちしています。

[タグ未指定]
[ 2018/05/24 23:19 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Fさんから102点のご報告をいただきました。

Andy先生

8月6日の勉強会に参加させていただいたFです。
4月21日に受験した試験で102点(R:29/L:27/S:20/W:26)を獲得することが出来ました。

目標点はクリアとなりましたが、まだまだ改善できる点があると感じています。
来年9月の出願まで時間はあるので、前倒しに他の準備を進めて、時間の許す限りスコアアップを狙って参ります。

振り返って有効だと思った勉強方法を下記いたします。

<スコア推移>
2017/7/15 Total 76 (R20 L20 S18 W18)
2017/8/6 勉強会参加
2017/12/9 Total 90 (R28 L25 S18 W19)
2018/2/10 Total 86 (R22 L26 S17 W21)
2018/4/21 Total 102 (R29 L27 S20 W26)

<勉強方法>
単語
1日40単語を新規で覚える&前日やった単語を復習するを1セットとして毎日寝る前にやりました。
TOEFL3800をやっていたらテキストがボロボロになったので、TOEFLテスト4000に切り替えました。
最後の2か月くらいはTPOで分からなかった単語をExcelに纏めておいて、Quizletというアプリで勉強してました。

Reading
いろいろなテキストをやりましたが、TPOだけで片付くと思います。
勉強会参加後は先生の教え通り、100問を目標にひたすらやり続けました。
2月の試験ではタイムマネジメントに失敗したため、時間を意識して解く(目標19分)ことや2問を連続して解くといったことをしました。
あと、試験直前に1問解くことがR高得点のカギだと思っています(2月はそれをやらなかったので)。

Listening
これもTPOだけやることをお勧めします。
勉強会参加後は先生の教え通り、200問を目標にひたすらやり続けました。
200問突破後はAndy先生に追加教材をお願いして、またひたすら解いてました。
WとSの勉強を始めた後、なかなか仕事をしながら時間を作ることが難しくなりましたが、TPO1問&ミクロ練習は毎日続けました。
「たぶん、これは引っ掛けだな 」とTOEFLのクセが分かってきたことに加え、自分に合ったノートテイクのコツも問題演習を通じて身に着けることができました。
Listening力のアップがSとWにも活きたと感じています。

Speaking
勉強会参加前に京橋のSpeaking Schoolに通って基本的なStrategyをいくつか覚えました。
2月中旬からはTPOをひたすら解いてました。
Sampleの回答も確認し、自分の回答に取り入れられそうな表現を盗むようにしました。
問題に慣れたことで、試験当日も慌てることなく回答することができました。
ただ、まだまだこのセクションは改善できる点(発音や表現力)があると感じています。
(日本人の多くが23点で限界を感じている中、Andy先生はどのように高得点を取られているのでしょう。)

Writing
Michael先生に添削してもらうことをお勧めします。
Lが23点を超えてから、別の添削サービス(週2のIndependentと週1のIntegratedが宿題)を試してみましたが、丁寧に教えてくれないのとAndy先生に教わったIntのテンプレートの使用を禁止されたため、あまり合いませんでした。
そのため、2月の試験以降はMichael先生にAndy先生に教わった優先Topic 9問の添削をお願いし、Intは指定教材をテンプレートを使いながら解いてました。
Michael先生の場合、HP上にどうやって書けばいいか、どういったことに特に気を付けるべきかという解説動画を豊富にアップされていたので、それを片っ端から見ました。
Indは1つの作文を書くのにあまりにも時間が掛かりすぎていて、なかなかアウトプット&復習量を増やせなかったため、①添削から帰ってきたエッセイを見ながら書く、②Michael先生の作文を見ながら書くこと、このいずれかを毎日やりました。
20分くらいでできた作業でしたが、英語のタイピングに慣れる、添削された箇所を振り返れる、Michael先生の表現が学べるというメリットがあったと感じています。


以上、長文となりましたが、もしまだ勉強会を受講されてない方がいるならば、1日でも早い受講をお勧めします。

2月の試験でスコアが落ちてしまい、頑張っても実らない状況で不貞腐れていた時に、先生のブログに掲載されていた受講生の寄稿を読んで、「まだまだ努力が足りなかったんだ、努力の仕方が違っただけなんだ」と再び自分を奮い立たせることができました。
この寄稿が誰かのお役にたてれば幸いです。

大学は推薦入学だったため、受験勉強もせず社会人になってしまい、それこそTOEIC300点レベルだった私がTOEFL100点まで到達できたのは、ひとえに先生のご指導のおかげと思っています。
本当にありがとうございました。

引き続きご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
-----------------------------------------
当方の勉強方法をほぼ忠実に実行していただき感謝いたします。RLを早い時期に安定された後、集中的にSWに取り組まれ高得点されたのが今回の102点に大きく寄与しています。直近、良い成績が出ず挫折も経験されましたが、最後まであきらめることなく勉強を継続されました。激務のなか、本当にご苦労様でした。勉強方法について詳細に説明いただき感謝します。後輩の方々の大きな励ましになると思います。

[タグ未指定]
[ 2018/05/06 07:23 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Mさんから107点のご報告をいただきました。

Andy様

目標スコアを達成しましたのでご報告のご連絡を差し上げました。


<総論>
1日でも早く勉強会に参加した方が良いと思います。参加前は韓国本も複数使ってみましたが振り返ると非効率な勉強法でした。スコアメイク戦略として、Readingは初回受験時から27点取ることができたため、2017/12から2018/1までは勉強時間の80%程度をListening対策に当て28点を取った2018/1/6時点でSpeakingについてはE4TGに通いはじめ、合計100点を取った2018/2/24時点でMichaelの添削を利用してWriting対策を開始、その後はバランスよく勉強していました。SとWはRとLの点数が低いと勉強をしても意味がないと思い、R、Lの点数が上がるまでは全く手をつけていませんでした。結果、2018/3/24に103点を取った時点からあとは問題との相性次第だと思い、各セクションの復習を中心に取り組み回数を受けることで2018/4/21に107点を達成しました。また、睡眠をしっかり取り、集中力が最も高い朝に勉強時間を確保し、無駄な勉強は一切しないということを強く意識していました。

<スコア推移>
1) 2017/11/25(土) 83点 R27 L23 S13(w,l,l) W20(f,f)
2017/12/23 勉強会参加
2) 2018/1/6(土) 91点 R24 L28 S17(l,f,l) W22(g,f)
3) 2018/2/4(日) 98点 R29 L29 S19(l,f,f) W21(f,f)
4) 2018/2/24(土) 100点 R27 L28 S20(f,f,l) W25(g,g)
5) 2018/3/10(土) 97点 R28 L27 S18(f,l,f) W24(g,f)
6) 2018/3/24(土) 103点 R27 L26 S22(g,f,f) W28(g,g)
7) 2018/4/8(日) 102点 R30 L29 S19(l,f,f) W24(g,f)
8) 2018/4/21(土) 107点 R28 L30 S23(f,f,f) W26(g,g)

<単語>
mikanのTOEFL3800アプリを使用しRank3を90%程度、Rank4を50%程度覚えました。音声を聞きながら暗記することで、文字、意味、音を繋げて覚えることができ、Listening力向上にも役立ったと思います。そのほか、TPOのR、Lで分からない単語は全てExcelにまとめてたまに見直していました。


勉強会参加前は、韓国本のTOEFL MAP Reading Advancedを使っていましたが、本番と比べて文章の難易度が高く設問の傾向が異なるため非常に効率の悪い勉強法だったと思います。勉強会参加後は、TPOのみ勉強し30回分程度を解いた時点で満点を取ることができました。勉強方法は、一度本番と同様に解いた上でなぜ間違えたかを分析し、わからない単語及び文法は全て調べた上で速読するというやり方でした。単語や文法で躓いていると英語のまま高速で理解することはできないため、単語や文法でわからない部分をなくした上で速読することで、英語をそのまま理解できる回路が脳にできたような感覚がありました。


勉強会参加前は、韓国本のTOEFL MAP Listening Advanced、HACKERS TOEFL Listening、HACKERS TOEFL ACTUAL TESTの三冊を一周しましたが、本番と比べて少しスピードが早く選択肢の難易度が高い一方で、音声がクリアなためこちらも効率が悪い勉強方法だったと思います。勉強会参加後はTPOのみ勉強し、25回分程度解いた2018/1/6時点で28点を取ることができました。その後TPOを一周し、過去問の音声が良いものだけを一周、TPO二周目の7回分を終えた2018/4/21時点で満点を取ることができました。勉強法は、ご指導の通り、一度本番と同様に解いて聞き取れない部分は何度も繰り返し聞いて音と意味を繋げる作業をひたすら繰り返すというやり方でした。また、Rも同様ですがよく知らないテーマが出てきたときはwikipediaやyoutubeで調べて理解することにより類似のテーマが出題された時に楽に聞けるようになりました。本番では、メモ取りは一切せず一言一句暗記するぐらいの気持ちで集中して聞いていました。聞きながら頭にイメージを作ると音からイメージに変換することに脳の容量を使ってしまうためあくまで音として聞くことに集中していました。


E4TGに3ヶ月通いました。本番の問題の傾向が若干E4TGで教わる内容とずれてきていると感じましたが、Independentについてはネタを10個程度用意し、無意識に口から出るようになるまで反復し、あとは問題にいかに当てはめて話せるかとを意識してE4TGのクラスで練習しました。E4TGに通いはじめた時点でR、Lいずれも27-28点取れていたためIntegratedで読めない、聞けないということはほとんどありませんでした。自宅での勉強はE4TGの復習のみでした。本番では発音や文法ミスを気にせず時間内に全て話し切ることに集中しました。


IntegratedはHACKERS ACTUAL TEST WRITING、Independentは勉強会で頂いた作文集を使ってMichaelに添削を依頼しました。Integratedは15回分程度添削に出し、手が勝手に動くようになるまでMichaelのWebサイトに掲載されているテンプレートを繰り返しタイピングしました。Wの勉強を開始した時点でR、Lいずれも27-28点取れていたので、本番でも読めない、聞けない部分はほとんどなかったため、テンプレートの暗記と文法ミスの削減ができた時点で高得点が出ていたように思います。Independentは5テーマ程度(Body×2でネタ10個)を添削に出し、本番と同じDELLのキーボード購入し繰り返しタイピングしました。本番では500~600 words書くようにしていました。ネタが使いやすい問題が出た時は点数が高かったと思います。

<受験方法>
2017/12頃から予約が始まった段階で順次2018/6頃までの10回分程度の試験を予約していました。会場慣れできるよう毎回御茶ノ水ソラシティ、可能な限り同じ部屋を予約していました。試験会場には必ず一番最初に入り自分のLセクションが終わる前に他の受験生のSが始まらないよう注意していました。また、難易度の高い問題は偏差値で点数が調整されているのか、その問題自体がダミーなのか分かりませんが、RもLも手応えがない時でも高得点がでたことがあったので最後まで諦めず集中することが大事だと思いました。その他、毎回テスト後に課題と対策をまとめ、次回テストまでに改善できるよう努力していました。


以上、長くなりましたが、勉強会に参加したことで最短距離を走ることができたと実感しています。勉強会後もメールで対策についてご丁寧にアドバイス頂くなどご対応いただき誠にありがとうごいました。心から感謝申し上げます。
---------------------------------------------------
「睡眠をしっかり取り、集中力が最も高い朝に勉強時間を確保し、無駄な勉強は一切しないということを強く意識していました。」集中力の重要性、本当に大切なことだと思います。早い時期にLを高位安定されました。WもMichael先生の添削を数多く利用され高得点が出ています。107点は本当に素晴らしい点数です。当方の勉強方針を信じて勉強を継続いただきありがとうございました。トップ校合格のお知らせをお待ちしております。

[タグ未指定]
[ 2018/05/04 04:43 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)

Kさんから100点のご報告をいただきました。

Andy先生

ご無沙汰しております。昨年勉強会に参加させていただきましたKです。
スコアがようやく100に届きましたので、いったんご報告させていただきます。

【得点推移】
初回 Total 67 (R12 L15 S19 W21)
2016/12/17 Total 84 (R21 L20 S19 W24)
勉強会参加
2017/3/11 Total 94 (R26 L24 S19 W25)
2017/3/25 Total 97 (R27 L23 S22 W25)
2017/4/23 Total 84 (R23 L19 S22 W20)
2017/5/13 Total 89 (R22 L23 S22 W22)
2017/6/10 Total 96 (R26 L22 S20 W28)
2017/6/25 Total 93 (R26 L23 S20 W24)
2017/7/8 Total 94 (R27 L23 S20 W24)
2017/8/5 Total 95 (R25 L23 S23 W24)
R勉強会参加
2017/8/27 Total 99 (R28 L22 S22 W27)
L勉強会参加
2017/9/17 Total 92 (R26 L22 S20 W24)
2017/9/30 Total 94 (R27 L19 S20 W28)
2018/2/4 Total 95 (R24 L23 S23 W25)
2018/3/11 Total 100 (R25 L25 S22 W28)

【単語】
TOEFLテスト頻出英単語4000のHigh Intermediate までを繰り返し見返しました。

【Reading】
TPOを一周し、過去問を60パッセージほど解きました。
初めはまったく時間内に溶けませんでしたが、徐々に読むスピードが上がってきました。

【Listening】
TPOを二周し、過去問をいくつか解きました。
なかなか点数が伸びずに悩んでおりましたが、ようやく25にたどり着きました。
もっとも、まだまだ改善の余地があると思いますので、日々の鍛錬を続けていこうと思います。

【Speaking】
TPOを一周しました。
ネイティブの先生と毎週Task 1, Task2関連の問題を使って質疑応答を行い、瞬発力を鍛える訓練をしていました。
私の場合は、テンプレートは最小限にし、できるだけ自分の言葉でポイントをシンプルに説明することを心がけています。

【Writing】
Integrated はハッカーズを一周し、TPOを15問ほど解きました。Andy先生のテンプレートを使って書いていますが、いかに聞き取りができるかがポイントであると考えております。
IndependentはTPO31問分をMichael 先生に添削してもらい、修正・コメントいただいた箇所をノートにまとめるようにしていました。できるだけ多用な表現を用いて、450~500ワードくらい書くようにしています。

【総括】
Andy 先生の勉強会に参加して、何をすべきかが明確になり、非常に効率よく勉強できるようになったと思います。
また、TOEFLの点数が伸びないときや、2017年に留学の出願ができずモチベーションが下がってしまったときも、Reading勉強会、Listening勉強会に参加させていただき、またメールで、Andy先生から暖かい励ましをいただくことで、諦めずに頑張ろうと再度決意することができました。
さらに、1年半前くらいと比べると、海外の友達と話すときや、仕事での英語の電話会議、英語でメールを書くときなどに、以前よりスムーズにできるようになったなという実感もあり、TOEFLの勉強が根本的な英語の基礎力を向上につながっている気がします。

【今後】
100点の到達は、まだ通過点に過ぎないと気を引き締めています。
2018年夏の出願までにあと6回ほどTOEFLを受験する予定ですので、どれだけ忙しくとも平日毎朝及び土日に集中して問題に取り組み、特にRとLを今後も鍛えて、必ず105点を達成することを誓います。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------
初回の67点から、大変な努力をされて今回の100点を達成されました。当方の勉強ストラティジーを忠実に実行されており、頭が下がります。直近Wで28点が安定してでており、高得点に寄与しています。また、Lを根気よく継続され最高点が出ています。90点半ばから100点まで時間がかかり、挫折も経験され大変だったと思いますが、辛抱強く勉強を継続されました。RLでまだまだ良くなりますので、105点を目指して頑張ってください。当方で何かサポートできることがあればいつでもご連絡ください。

[タグ未指定]
[ 2018/04/08 17:36 ] 生徒さんからの高得点、合格メール | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Andy

Author:Andy
TOEIC 990点
英検1級合格二次試験100点(優秀賞)
TOEFL iBT 119点 (2017/11/4)

名前:Andy
年齢:60歳
学歴:University of Missouri at Rolla 工学部原子力工学科卒業
職業:技術系の通訳を30年以上やっています。

欧米人と仕事をすることが多く、Andyというニックネームを使っています。
日本人です。アメリカ人、ハーフではありません。
北陸の田舎に住んでいます。毎週、北陸新幹線にお世話になっています。
毎月TOEFLを受験しています。
ソラシティ、武蔵小杉が好きな会場です。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも一覧